老後にかかる費用(生活費はどのくらい?)|ライフプランシミュレーション - ノムコムの住宅ローン

不動産サイト nomu.com > 住宅ローントップ > 生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション! > 老後にかかる費用

生涯賃金から考えるファミリータイプ別ライフプランシミュレーション

生涯賃金から考えるライフプランシミュレーションTOPへ

老後にかかる費用

住宅を購入する場合、毎月、どのくらい返済できるかということばかり考えがちですが、住宅ローンを返済しつつ、将来のための貯蓄もあわせて行っていくことが必要です。
その中でも、大きな金額の準備が必要なのが、老後にかかる費用です。
各ご家庭のライフスタイルにより異なりますが、まずは、平均的な金額を知っておきましょう。

生活費はどのくらい?

食費 60,869円
住居費 16,158円
水道光熱費 21,042円
家具・家事用品 9,788円
被服等 6,940円
保健医療費 14,635円
交通・通信費 26,825円
教育・教養娯楽費 25,968円
交際費 28,749円
その他支出 28,511円
合計 239,485円

※「家計調査年報」 平成26年より抜粋

総務省「家計調査」によると、世帯主が60歳以上、無職世帯の1ヶ月の支出は右記のようになっています。

これは、あくまでも平均の金額です。それぞれのご家庭によって、異なりますので現在の家計支出と比較してみましょう。老後はお子さまの教育費などはかかりませんが、基本生活費が、これより多いか、少ないかは現在の支出からもある程度推測できるでしょう。

もらえるお金はどのくらい?

公的年金

リタイア後の主な収入は、公的年金です。
公的年金の受給額の平均は、以下の通りになっています。

厚生年金・・・月額 約16.7万円 (平成17年社会保険庁調べ)国民年金・・・月額 約 5.2万円 (平成17年社会保険庁調べ)

公的年金がもらえるのは、男性で昭和36年4月2日以降生まれ、女性で昭和41年4月2日以降生まれの人は、65歳からとなります。つまり、60歳で退職した場合には、公的年金が出るまでに、5年間の無収入期間があるのです。
この間に、再就職して働くかどうかも、老後資金をどのくらい準備したらよいかに大きな影響をもたらします。

なお、年金額は、厚生年金は現役時代の報酬額によって、国民年金は納付期間によって受給できる金額が変わってきます。
50歳以上の人は、社会保険庁で管理されている個人記録によって、年金の見込み額を算出してもらうことができます。50歳未満の方でも、ご自身で試算することができますので、自分の場合の金額をある程度知っておきましょう。

社会保険庁 年金加入記録照会・年金見込額試算

退職金

退職金をいくらもらえるかは、老後の生活資金準備のためにはとても重要なデータとなります。退職金だけでは不足する部分を、現役時代のうちに計画的に準備しなくてはならないからです。

男性一般労働者の平均額は、次のようになっています。

  1,000人以上 999~300人 299~100人 99~30人
大学卒
(管理・事務・技術職)
2,525万円 2,074万円 1,635万円 2,343万円
高校卒
(管理・事務・技術職)
2,286万円 1,978万円 1,447万円 1,713万円

※厚生労働省 「就労条件総合調査結果の概要」 平成25より抜粋

勤務先の退職金規定を確認するなどで、自分自身の場合について、早めに確認をしておきましょう。

次のページで、老後のために準備しておくべき金額について学びましょう

次へ
あなたのお家、今いくら?

資産状況を把握するためにも所有不動産の査定価格をチェックすることをオススメします。

概算価格を今すぐチェック!  オンライン無料査定はこちら

生涯賃金から考えるライフプランシミュレーションTOPへ

  1. 新築マンション
  2. 中古マンション
  1. 新築一戸建て
  2. 中古一戸建て
  3. 土地
生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション!
自分にあった住宅ローンを選ぼう
健太と美咲の住宅ローン奮闘記 目指せマイホーム・オーナー

住宅ローンの知識

お得なローンはどれ?
超便利な住宅ローン徹底比較一覧!


■目的から探す
■金融機関から探す

提供:イー・ローン

住宅ローンベスト金利一覧

変動 0.444% 詳細
固定3年 0.300% 詳細
固定5年 0.300% 詳細
固定10年 0.580% 詳細
全期間固定 0.730% 詳細

2017年07月10日 現在
提供:イー・ローン

住宅ローンページをご覧のみなさまへ

住宅ローンのことなら、野村不動産アーバンネットのノムコム。生涯賃金から考えるファミリータイプ別ライフプランシミュレーションをご紹介いたします。マイホーム購入予算は、現在の家計をもとに決定することが多いはず。しかし一方で、「今あるお金を使ってしまって大丈夫だろうか」という不安要素も。住宅購入の悩みをまるごと解決!