「50代リタイア前のファミリー」無理のない住宅購入予算を計算しよう|ライフプランシミュレーション - ノムコムの住宅ローン

不動産サイト nomu.com > 住宅ローントップ > 生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション! > 50代リタイア前のファミリー

<

生涯賃金から考えるファミリータイプ別
ライフプランシミュレーション

生涯賃金から考えるライフプランシミュレーションTOPへ

50代リタイア前のファミリー

STEP3-2 無理のない住宅購入予算を計算しよう
借入可能額をもとに適正な購入予算を把握

借入可能額がわかったら、いよいよマイホームの購入予算を計算します。

購入予算の計算式

購入予算=( 123 )-( 45

1借入可能額 2預貯金 3売却資金 4諸費用(新築の場合で5%程度、中古の場合は8%程度)5手元に残しておく預貯金(生活費の3~6ヶ月分を目安。老後に向けての費用を多めに見積もり計算)

Cさんの購入予算

1 借入可能額

2,850万円
2 預貯金

800万円

3 売却資金


1,800万円
4 諸費用

350万円

5 手元に残しておく預貯金

1,000万円

Cさんの購入予算=(2,850万円+800万円+1,800万円)-(350万円+1,000万円)=

Cさんの購入予算 4,100万円

検証 Cさんの住宅費総合計

住宅ローン
総返済額:
約2,978万円
(繰上返済後※)
頭金
1,250万円



諸経費
350万円



住宅維持費
年間40万円×28年間=1,120万円


住宅修繕費
10年ごとに80万円
80万円×2回
(上昇率年1%で計算)
=184万円

※教育費終了後、100万円の繰上返済を5回、60歳時に残高(約78万円)を全部繰上返済とした場合

Cさんの住宅費総合計 5,882万円
最後に、本当に妥当な価格なのかを検証しておきましょう。
STEP2では、Cさんが住宅費にかけられる総額は約6,000万円でした。上記の結果とほぼ同じですから、おおよそ妥当であるといえます。
 50代リタイア前のファミリー 「まとめ」

購入金額内訳

購入予算:4,100万円
【頭金:1,250万円+借入額:2,850万円】
返済期間:10年 金利:1.0%
毎月返済額:25万円
貯蓄残高の推移

今後の生涯年収から考えると、Cさんの予算はこのくらいの金額で妥当です。退職金が入ると一時的に余裕ができるので、退職金も返済にあてようと考えてしまうと、老後の生活に大きな影響が出てしまいます。

また、老後は夫婦で海外旅行に行きたいなど、趣味の時間やそのための予算を大切にしたいのなら、その分購入予算を抑え目にすることも必要です。

購入予算をもっと増やしたい場合のヒントはこちら 購入予算をもっと増やしたい場合のヒントはこちら

上記の条件を参考にして、あなた自身の返済プランをシミュレーションしてみましょう

住宅ローンシミュレーション 住宅ローンシミュレーション

前へ

生涯賃金から考えるライフプランシミュレーションTOPへ

  1. 新築マンション
  2. 中古マンション
  1. 新築一戸建て
  2. 中古一戸建て
  3. 土地
生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション!
自分にあった住宅ローンを選ぼう
健太と美咲の住宅ローン奮闘記 目指せマイホーム・オーナー

住宅ローンの知識

お得なローンはどれ?
超便利な住宅ローン徹底比較一覧!


■目的から探す
■金融機関から探す

提供:イー・ローン

住宅ローンベスト金利一覧

変動 0.457% 詳細
固定3年 0.380% 詳細
固定5年 0.410% 詳細
固定10年 0.670% 詳細
全期間固定 1.040% 詳細

2018年09月10日 現在
提供:イー・ローン

住宅ローンページをご覧のみなさまへ

住宅ローンのことなら、野村不動産アーバンネットのノムコム。生涯賃金から考えるファミリータイプ別ライフプランシミュレーションをご紹介いたします。マイホーム購入予算は、現在の家計をもとに決定することが多いはず。しかし一方で、「今あるお金を使ってしまって大丈夫だろうか」という不安要素も。住宅購入の悩みをまるごと解決!