「教育費がピークのファミリー」お金の流れから課題を知ろう|ライフプランシミュレーション - ノムコムの住宅ローン

不動産サイト nomu.com > 住宅ローントップ > 生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション! > 教育費がピークのファミリー

生涯賃金から考えるファミリータイプ別
ライフプランシミュレーション

生涯賃金から考えるライフプランシミュレーションTOPへ

教育費がピークのファミリー

Bさん一家の家族構成
 Bさん(会社員)46歳、妻(パート)44歳、長男(公立高校1年)16歳、次男(公立中学1年)13歳


Bさん一家の現状と今後の予定
・年収: Bさん 800万円(手取年収は約8割)
     妻 96万円(夫が60歳まで働く予定)
・子どもの進路: 長男は大学から私立に進学希望
・現在の教育費: 年間100万円程度
・現在の教育費以外の生活費: 年間348万円(月平均29万円)
・現在の貯蓄: 2,000万円(今まで社宅住まいのため、貯蓄が貯まっている)
・学資保険: 満期時200万円×2人
・住宅購入にあたっての親からの贈与: 200万円

STEP1 お金の流れから課題を知ろう
教育費ピークファミリーの課題は、今を乗り切ること

Bさん一家の今後の収入と支出の流れはグラフの通り。住宅購入関連費用は考慮していません。
グラフ
現在も教育費はかかっていますが、2人とも私学に通い出す3年後が、教育費のピーク。教育費だけで200~300万円の出費が予想されます。

Bさん一家の収支の特徴

  • 3年後に子どもが2人とも私立に通うため、長男が大学を卒業するまでの4年間が教育費のピークに。ピンチ

  • 長男が大学卒業後も、次男の教育費負担がさらに3年続くピンチ

  • 2人の教育費が終了してから退職までの間は、収支に余裕が出てくる。

  • 退職後、公的年金の支給が始まる65歳までは、収入のない期間となる。ピンチ

  • 公的年金が出始めても、生活費の方が収入を上回るピンチ

Bさん一家のピンチ!克服のヒント
  • 長男大学入学後から続く教育費がピークの期に備えて、今のうちに他の支出で抑えられるものは抑えておくように家計の見直しをしましょう。
  • 教育費ピークの間は、単年度収支がマイナスになることは仕方のないことです。貯蓄の取り崩しにはあまり神経質にならないようにしましょう。
住宅購入をする場合でも、この期間を乗り切るための資金は手元に残しておくことが必要です。無理して頭金に回すのはNG。

次のページで、住宅購入にかけられる金額を見てみましょう

次へ

生涯賃金から考えるライフプランシミュレーションTOPへ

  1. 新築マンション
  2. 中古マンション
  1. 新築一戸建て
  2. 中古一戸建て
  3. 土地
生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション!
自分にあった住宅ローンを選ぼう
健太と美咲の住宅ローン奮闘記 目指せマイホーム・オーナー

住宅ローンの知識

お得なローンはどれ?
超便利な住宅ローン徹底比較一覧!


■目的から探す
■金融機関から探す

提供:イー・ローン

住宅ローンベスト金利一覧

変動 0.447% 詳細
固定3年 0.430% 詳細
固定5年 0.440% 詳細
固定10年 0.680% 詳細
全期間固定 1.100% 詳細

2018年11月07日 現在
提供:イー・ローン

住宅ローンページをご覧のみなさまへ

住宅ローンのことなら、野村不動産アーバンネットのノムコム。生涯賃金から考えるファミリータイプ別ライフプランシミュレーションをご紹介いたします。マイホーム購入予算は、現在の家計をもとに決定することが多いはず。しかし一方で、「今あるお金を使ってしまって大丈夫だろうか」という不安要素も。住宅購入の悩みをまるごと解決!