「50代リタイア前のファミリー」お金の流れから課題を知ろう|ライフプランシミュレーション - ノムコムの住宅ローン

不動産サイト nomu.com > 住宅ローントップ > 生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション! > 50代リタイア前のファミリー

生涯賃金から考えるファミリータイプ別
ライフプランシミュレーション

生涯賃金から考えるライフプランシミュレーションTOPへ

50代リタイア前のファミリー

Cさん一家の家族構成
 Cさん(会社員)53歳、妻(パート)50歳


Cさん一家の現状と今後の予定
・年収: Cさん 980万円(手取年収は約8割)
     妻 96万円(60歳まで働く予定)
・現在の教育費以外の生活費: 年間369万円(月平均31万円)
・現在の貯蓄: 800万円
・現在の住宅の売却額: 2,800万円(ローン残高1,000万円)
・現在は郊外で,広めのマンション住まい
・長男は独立。次男も2年後には独立するので、その後、夫婦2人の住まいを都心に持ちたい

STEP1 お金の流れから課題を知ろう
50代リタイア前ファミリーの課題は、老後を見据えること

それでは、Cさんの今後の収入と支出(住宅費を除く)の流れを見てみましょう。
グラフ

Cさん一家の収支の特徴

  • 教育費のピークは終了し、2年後には教育費の支出が完全に終わる。

  • 次男大学卒業後は、余裕ある収支。

  • ただし、余裕ある期間は定年退職までの6年間のみ。ピンチ

  • 退職後、公的年金の支給が始まる65歳までは、収入のない期間となる。ピンチ

  • 公的年金が出始めても、生活費の方が収入を上回るピンチ

Cさん一家のピンチ! 克服のヒント
  • 住宅ローンの総支出金額が、直接老後の生活資金に影響するので、返せる額ではなく、老後にいくら残すのかを見据えた上で借入額を決めることが重要です。
  • 次男が大学卒業後は、積極的に繰上返済をし、支払総額を圧縮します。支払総額を抑えるほど、老後生活資金をその分多く残せます。
老後を考えずに借り入れしてしまうと、老後生活資金がショートしてしまう可能性があります。

次のページで、住宅購入にかけられる金額を見てみましょう

次へ

生涯賃金から考えるライフプランシミュレーションTOPへ

  1. 新築マンション
  2. 中古マンション
  1. 新築一戸建て
  2. 中古一戸建て
  3. 土地
生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション!
自分にあった住宅ローンを選ぼう
健太と美咲の住宅ローン奮闘記 目指せマイホーム・オーナー

住宅ローンの知識

お得なローンはどれ?
超便利な住宅ローン徹底比較一覧!


■目的から探す
■金融機関から探す

提供:イー・ローン

住宅ローンベスト金利一覧

変動 0.457% 詳細
固定3年 0.380% 詳細
固定5年 0.410% 詳細
固定10年 0.670% 詳細
全期間固定 1.040% 詳細

2018年09月10日 現在
提供:イー・ローン

住宅ローンページをご覧のみなさまへ

住宅ローンのことなら、野村不動産アーバンネットのノムコム。生涯賃金から考えるファミリータイプ別ライフプランシミュレーションをご紹介いたします。マイホーム購入予算は、現在の家計をもとに決定することが多いはず。しかし一方で、「今あるお金を使ってしまって大丈夫だろうか」という不安要素も。住宅購入の悩みをまるごと解決!