老後にかかる費用(老後のために準備しておくべき金額は?)|ライフプランシミュレーション - ノムコムの住宅ローン

不動産サイト nomu.com > 住宅ローントップ > 生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション! > 老後にかかる費用

生涯賃金から考えるファミリータイプ別ライフプランシミュレーション

生涯賃金から考えるライフプランシミュレーションTOPへ

老後にかかる費用

老後の生活費と、収入がわかれば、準備しておくべき金額も算出することができます。ここでは、前ページのデータをもとに試算してみましょう。

老後のために準備しておくべき金額は?

  • 160歳以降の生活費

    85歳までの25年間とすると、約24万円×12ヶ月×25年間=7,200万円

  • 1その他必要なお金

    医療費、介護費用、緊急予備資金など、予備費的なもの500万円~1,000万円程度など

    住宅のリフォーム、修繕
    300万円程度など

  • 1入ってくる公的年金

    夫 厚生年金、妻国民年金とし、受給期間を20年とすると、(14.5万円+5.4万円)×12ヶ月×20年間=4,776万円

60歳時に準備しておくべき金額は、1+2-3=3,044万円~3,544万円

もし、退職金が2,000万円あれば、その差額の約1,200~1,700万円を現役時代に準備しておかなくてはならないことがわかります。
生活費の水準が高ければ、その分準備すべき金額も多くなります。自営業などで、国民年金の場合には、公的年金からの収入額がとても少なくなり、やはり、自分で準備しておくべき金額が増えます。

公的年金制度も、今後の改正などの動きが気になります。
いずれにしても、短期間で準備できる金額ではないので、計画的に準備をしておくことがますます求められる時代になってきています。

前へ
あなたのお家、今いくら?

資産状況を把握するためにも所有不動産の査定価格をチェックすることをオススメします。

概算価格を今すぐチェック!  オンライン無料査定はこちら

生涯賃金から考えるライフプランシミュレーションTOPへ

  1. 新築マンション
  2. 中古マンション
  1. 新築一戸建て
  2. 中古一戸建て
  3. 土地
生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション!
自分にあった住宅ローンを選ぼう
健太と美咲の住宅ローン奮闘記 目指せマイホーム・オーナー

住宅ローンの知識

お得なローンはどれ?
超便利な住宅ローン徹底比較一覧!


■目的から探す
■金融機関から探す

提供:イー・ローン

住宅ローンベスト金利一覧

変動 0.444% 詳細
固定3年 0.300% 詳細
固定5年 0.300% 詳細
固定10年 0.580% 詳細
全期間固定 0.710% 詳細

2017年06月19日 現在
提供:イー・ローン

住宅ローンページをご覧のみなさまへ

住宅ローンのことなら、野村不動産アーバンネットのノムコム。生涯賃金から考えるファミリータイプ別ライフプランシミュレーションをご紹介いたします。マイホーム購入予算は、現在の家計をもとに決定することが多いはず。しかし一方で、「今あるお金を使ってしまって大丈夫だろうか」という不安要素も。住宅購入の悩みをまるごと解決!