不動産サイト nomu.com > 不動産ニュース > フラット35申請戸数、保証型が拡大傾向

不動産ニュース Pick-up

フラット35申請戸数、保証型が拡大傾向

2019年01月29日

住宅金融支援機構は、18年10~12月期の「フラット35」の申請戸数をまとめた。買取型の申請戸数は対前年同期比9.1%減の2万5599戸、実績戸数は同12.6%減の1万9140戸、実績金額は同10.7%減の5637億9597万円となった。買取型の申請戸数の減少は、借り換えの利用が減少したことによるもの。

借り換えを除くと買取型の申請戸数は対前年同期比1.1%減でほぼ横ばいとなる。保証型の申請戸数は同57.0%増の3546戸、実績戸数が同72.4%増の2282戸、実績金額が同72.4%増の641億124万円と拡大した。フラット35全体に占める割合も前年同期の7.4%から12.2%に上昇している。

同機構は要因として、17年10月と18年5月に新たに2機関が保証型の取扱いを開始したことを挙げる。

(提供:日刊不動産経済通信)

  • ノムコム会員

不動産知識

ご売却サポート

不動産の査定に関する情報はこちら

不動産無料査定

カンタン入力で概算
価格をお知らせ。