不動産サイト nomu.com > 不動産ニュース > 住宅着工18年10月、マンションが2ケタ増

不動産ニュース Pick-up

住宅着工18年10月、マンションが2ケタ増

2018年12月03日

国土交通省は11月30日、10月の「建築着工統計調査報告」をまとめた。新設住宅着工戸数は、貸家が対前年同月比で減少したが、持家と分譲住宅が増加し、全体で同0.3%増の8万3330戸となった。分譲マンションは14.9%増の8604戸と3カ月連続で増加。首都圏、中部圏、近畿圏、その他地域とも、それぞれ5.0%増、70.2%増、6.3%増、36.7%増と好調だった。

三大都市圏のマンション着工は、10.2%増の6795戸。うち、首都圏が4395戸、中部圏が788戸、近畿圏が1612戸。中部圏の大幅増は愛知県で複数の着工があった影響。貸家は7.3%減の3万5225戸。首都圏が3.5%増となった一方、中部圏が11.0%減、近畿圏が20.0%減、その他地域が10.5%減と、軒並み前年比マイナスとなった。

ただし、10月としてはリーマンショック以降で16年の3万9950戸、17年の3万8017戸に次ぐ水準だった。

持家は4.6%増の2万5949戸。分譲住宅は9.2%増の2万1394戸と3カ月連続の増加。うち、一戸建て住宅は5.9%増の1万2556戸と、7カ月連続で増加した。持家と分譲住宅について国交省は「着工の数字に現れるまでは時間がかかるので、消費増税の影響かは分からない」とする。

建築物着工床面積をみると、全建築物の着工床面積は0.0%増の1160万m2。民間の非居住用建築物を使途別にみると、倉庫が同43.4%増の101万m2、工場が同18.3%増の87万m2と増加した一方、店舗は同5.5%減の37万m2、事務所は同24.8%減の35万m2と減少した。

(提供:日刊不動産経済通信)

  • ノムコム会員
野村の仲介+

任せて安心!
野村の仲介+の
充実サービス

買換保証
お買いかえのお客様へ。買換保証とつなぎ融資サービス。
補修保証
安心の保証サービス。事前検査を行い不具合があれば当社が補修します。
相続サポート
充実の相続サポート。資産・相続マスターが相続の不安を解消します。
店舗案内
顔写真・保有資格付きでスタッフも紹介。

不動産知識

ご売却サポート

不動産の査定に関する情報はこちら

不動産無料査定

カンタン入力で概算
価格をお知らせ。