PRODUCED BY 野村不動産ソリューションズ


【国分寺】北口再開発事業が完了。より便利で快適な街へ生まれ変わった「国分寺」駅周辺

 
「国分寺」駅前・北側から(出典:国分寺市北口再開発事業誌より)「国分寺」駅前(北側から)
(出典:国分寺市北口再開発事業誌より)

JR中央線と西武国分寺線、西武多摩湖線が乗り入れ、JR中央線の特別快速も停車する「国分寺」駅周辺は、古くから国分寺市の中心市街地として発展してきましたが、特に北口周辺は道路が狭く老朽化した建物が密集するなど、さまざまな問題を抱えていました。

これらを解決するため、北口地区では再開発事業が進められ、2021(令和3)年に事業全体の完成を迎えました。駅前にショッピング施設や公共施設も入るツインタワーが誕生し、交通広場も整備されたことで、国分寺はより近代的な街へと進化を遂げています。

 

タウンネーミング「cocobunji(ココブンジ)」に込められた想い
「cocobunji(ココブンジ)」ロゴ「cocobunji(ココブンジ)」ロゴ
(出典:国分寺市北口再開発事業誌より)

JR中央線の「国分寺」駅は国分寺市の玄関口として多くの人々に利用されていますが、その反面、道路や駅前広場の整備が遅れ、使い勝手が良いとは言い難い状態が続いていました。

そこで国分寺市では、1990(平成2)年に「国分寺」駅北口地区の再開発事業の都市計画決定を行いました。しかし、社会経済状況の変化により長い間事業は着手されないままでした。

こうした状況を打破するため、国分寺市は2004(平成16)年より再開発事業計画の見直しを行い、駅前広場の位置を改めるなど施設計画を大幅に変更しました。その後、2008(平成20)年3月の都市計画の変更告示、2009(平成21)年5月の事業計画の決定告示を経て、2015(平成27)年7月に再開発ビルの建築工事が始まりました。

再開発地区全体のネーミングは市民投票により「cocobunji(ココブンジ)」と決定しました。これは、人と人のつながりやにぎわいを表す「communication」と、国分寺が「宇宙開発発祥の地」であることにちなんだ「cosmic」の頭文字を取った「coco」に、国分寺の名前を合わせたもので、「心地よい街」という意味も含まれています。

 

再開発により駅前に住・商・公の複合ツインタワーが誕生

2018(平成30)年に完成した再開発ビルは、36階建ての西街区「cocobunji WEST」と35階建ての東街区「cocobunji EAST」の2棟の高層ビルで構成されています。「国分寺」駅からは屋根付きの歩行者デッキが整備され、雨の日でも濡れずにアクセスできるようになっています。

ツインタワーの低層階には、「ミーツ国分寺」をはじめとする商業施設や市の公益フロアが入っています。また、上層階(西街区6~36階、東街区5~35階)は計583戸の分譲マンション「シティタワー国分寺ザ・ツイン」となっています。

 

ツインタワー内には三越伊勢丹による上質な商業施設も
ミーツ国分寺ミーツ国分寺
(提供:株式会社三越伊勢丹)

西街区「cocobunji WEST」の1階から4階に入っている「ミーツ国分寺」は、三越伊勢丹による地域密着型の商業施設です。「ミーツ国分寺」のロゴは「出会う」を意味する「meets」の発音記号「miːts」からデザインされており、「新たなモノ・コトが見つかるゆとりや潤いが満つ(満ちる)」、「ヒト・モノ・コト それぞれの「出会い」となる場」を表現しています。

「ミーツ国分寺」には、高品質なプライベートブランドを持つスーパーマーケット「クイーンズ伊勢丹」や国内外のラグジュアリーコスメを集めたセレクトショップ「イセタン ミラー メイク&コスメティクス」をはじめ、食・雑貨・ファッション・サービスと多彩なショップが集まっています。どの年代にも支持される、国分寺の新たなにぎわい拠点となっています。

国分寺市の環境や地域資源を意識し、フロアごとに設定したデザインモチーフにより心地よい空間が演出され、自然を感じながら快適な買い物が楽しめるよう工夫されています。

「cocobunji WEST」5階の公益フロア「cocobunji プラザ」には、講演・会議・イベントなど多目的に使える「リオンホール」やセミナールーム、人工芝とウッドデッキが広がる「リオン広場」、“国分寺ローカル”をテーマにしたカフェなどがあります。

さらに住民票の写しなどの交付をはじめ各種手続きを取り扱う「市民サービスコーナー」や、展示などで市の魅力を紹介する「まちの魅力発信コーナー」も併設されています。

交通広場も完成。さらに新たな道路の整備も進行中
交通広場の東屋と水景施設交通広場の東屋と水景施設
(出典:国分寺市北口再開発事業誌より)

国分寺駅北口再開発事業では、再開発ビルの建設に続いて「交通広場」の整備も行われました。「cocobunji WEST」の北側に設けられた交通広場には、バス乗り場、タクシー乗り場に加えてバス待機スペースやタクシープールも設けられました。

これまで分散していたバス乗り場の集約化によって、電車とバスの乗り継ぎがスムーズになるなど、国分寺から周辺エリアへのアクセスがより便利になっています。また、交通広場にはイベントスペースやベンチ、植栽なども配置され、憩いと交流の場としての機能も持ち合わせています。

駅前イベント広場の様子駅前イベント広場の様子
(出典:国分寺市北口再開発事業誌より)

さらに、この再開発事業に合わせて、交通広場から北に向かって新しい道路(都市計画道路3・4・12号線)の整備も進められており、2027(令和9)年の完成を目指しています。幅員22mと広く、車道の両サイドには歩行者が安心して歩けるように幅約6mの歩行者空間・植樹帯が整備される予定で、暮らしの利便性・快適性のさらなる向上が期待されます。

掲載日
2022/05/26

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。記事の内容・情報に関しては、調査時点のもので変更の可能性があります。

このエリアの店舗不動産の購入や売却についてのご相談は、お気軽にスタッフまでお申し付けください
  • 野村の仲介国立センター
    0120-941-583(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介小金井センター
    0120-757-103(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
このエリアのノムコムおすすめ!マンション
マンションデータPlus より
プラウド国分寺
中央線 「国分寺」駅
ザ・パークハウス国分寺プレイス
中央線 「国分寺」駅