不動産サイト nomu.com > 住宅ローン > 住宅ローンコラム > 知っておきたい!住宅ローンテクニック > 夫婦2人で住宅ローンを組むメリットと注意点<簡単チェック表付き>
住宅ローンコラム 知っておきたい!住宅ローンテクニック

夫婦2人で住宅ローンを組むメリットと注意点<簡単チェック表付き>

2016年08月03日

夫婦が「住宅ローンを組む」際には、4通りの選択肢があります。しかし、何のために2人で組むのか、その目的が異なれば選択すべき方法も違ってきます。それぞれの方法ごとに注意点もあるので、しっかり押さえておきましょう。

「夫婦で住宅ローンを組む」4つの方法とは?

ローンの相談で聞かれることがあるのが、「住宅ローンを2人で組むメリットは?」という質問です。これに対する答えはシンプルではありません。なぜなら、「夫婦2人で住宅ローンを組む」方法には、あえて1人で組むという選択肢を含めると4つのパターンがあり、それぞれメリットや注意点が異なるためです。

「ほしい物件の予算に手が届かないから2人で住宅ローンを組みたい」という相談も少なくないですが、そういったケースばかりではありません。共働きで同程度の収入があって、どちらか一方が住宅ローンを組むことはできるけれど、実際にどう組めばいいのかわからない。そのような内容の相談もあります。

まず、4つのパターンとして次のようなものが挙げられます。
<1>1人で住宅ローンを組む
<2>収入合算をして連帯保証型で住宅ローンを組む
<3>収入合算をして連帯債務型で住宅ローンを組む
<4>夫婦ペアローンを組む

それぞれの内容とメリット、注意点を整理します。

1人で住宅ローンを組む

1人で住宅ローンを組む場合、債務者は借入をした夫または妻1人です。例えば夫が住宅ローンを借りるのであれば、返済負担率の問題から収入合算の必要なく借入れられる場合に限ります。

夫ないし妻が単独名義で住宅ローンを組む場合にありがちなケースとしては、次のようなものが挙げられます。
□夫か妻の一方に安定した収入がなく、住宅ローンが借りられないケース
□夫か妻の一方に、親からの生前贈与や独身時代の貯蓄で資金が用意されているケース
□夫婦で計画的に用意した住宅資金があり、1人が住宅ローンを借りればこと足りるケース
□1人が住宅ローンを組めば購入できるケース

妻が専業主婦である場合などは夫が1人で住宅ローンを組むことになりますが、共働きで1人が住宅ローンを組めばいいケースだと、どういうローンを組めばいいかで迷われるご夫婦もいます。

例として3,000万円の住宅ローンの借入れが必要な場合、夫が1人で住宅ローンを組むときは、夫が3,000万円の住宅ローンを借ります。債務者は1人で、住宅ローン控除も1人で受け、団体信用生命保険(以下、団信)も1人だけ加入します。

表1 夫が1人で住宅ローンを組んだ場合
項目
債務等 債務者
借入れ例 3000万円 0円
住宅ローン控除 対象 対象外
団体信用生命保険 対象 対象外
借入れ分の名義 とれる とれない

この「1人で組む」場合を基準にしつつ、ほかの3つの方法のメリットや注意点を考えてみましょう。

収入合算をして連帯保証型で住宅ローンを組む

夫婦で住宅ローンを組む方法の1つに収入合算があります。文字通り夫婦の収入を合わせて借りることです。ほしい物件を購入する際に、1人で住宅ローンを組んだのでは返済負担率の問題から借りたい住宅ローン額に及ばない場合などに、こうした手段をとります。

なお、合算できる金額は、全額を合算できる場合のほか、合算者の収入の1/2までや、借り手の収入の1/2までなど、金融機関で異なります。合算者がパートであっても収入合算の対象にできる金融機関もあります。

収入合算で借りた場合、通常、合算者は連帯保証人になりますが、中には合算者が連帯債務者の扱いになる住宅ローン商品もあります。ここではまず、連帯保証人となるケースについて考えます。

夫婦2人で収入合算をして連帯保証型で借りる場合、借入を行う人が債務者で、収入合算者は連帯保証人になります。例として3,000万円の住宅ローンの借入れが必要で妻が収入合算者の場合、夫が3000万円を借り、収入合算者の妻には債務はないものの、連帯保証人となります。債務者の返済が滞ったときには、連帯保証人にも返済義務が発生します。

このパターンで借りるメリットは、1人で組めない住宅ローンを収入合算することで借りられることでしょう。

注意点として挙げられるのは、住宅ローン控除は債務者だけが受けられ、合算者は受けることができません。団体信用生命保険も債務者だけが加入できます。住宅ローンを借りた分の所有権についても、1人で組んだ場合同様、債務者のみになります。

表2 収入合算をして連帯保証型で住宅ローンを組んだ場合
項目
債務等 主たる債務者 債務なし(連帯保証人)
借入れ例 3000万円 0円
住宅ローン控除 対象 対象外
団体信用生命保険 対象 対象外
借入れ分の名義 とれる とれない

収入合算をして連帯債務型で住宅ローンを組む

夫婦2人で収入合算をして借りた場合、商品によっては合算者が連帯債務者となるケースもあると前述しましたが、その場合について考えてみましょう。主債務者も連帯債務者も全額の債務を負うのが連帯債務です。

収入合算により連帯債務型の住宅ローンになる代表的な商品が住宅金融支援機構「フラット35」です。一部の民間の住宅ローンでも連帯債務の取り扱いはありますが、数は多くありません。

収入合算者が連帯債務者となるケースでは、夫婦2人が債務者という扱いになります。3000万円の住宅ローンの借入れが必要なケースで妻が収入合算者の場合、夫の債務は3000万円、妻の債務も3000万円となります。

そのため、このパターンで借りるメリットは、1人で組めない住宅ローンを収入合算することで借りられることに加え、住宅ローン控除を2人で受けられることが挙げられます。また所有権についても、それぞれ持つことができます。

注意点として挙げられるのは、「フラット35」以外の連帯債務型の住宅ローンが非常に少ないことと、団信は通常、主たる債権者1人しか加入できないことです。

例として、夫だけが団信に加入していた場合、夫にもしものことがあった場合、時に夫の住宅ローンは団信で相殺されても、妻自身の住宅ローンは返済し続けなければなりません。

表3 収入合算をして連帯債務型で住宅ローンを組んだ場合
項目
債務等 主たる債務者 連帯債務者
借入れ例 3000万円 連帯債務(3000万円)
住宅ローン控除 対象 対象
団体信用生命保険 対象 対象外
(別途団信商品あり)
借入れ分の名義 とれる とれる

夫婦ペアローンを組む

「夫婦ペアローン」は、夫婦がそれぞれに住宅ローンに契約し、加入する方法です。つまり2本の住宅ローンを契約します。夫婦は自分の借入に対して支払い義務を負います。3,000万円の住宅ローンを、夫婦ペアローンで組む例として、夫が2,000万円の住宅ローンを組み、妻が1,000万円の住宅ローンを組むといった例が挙げられます。

多くの金融機関がペアローンを扱っています。ペアローンの場合、妻は夫の債務の連帯保証人となり、夫は妻の債務の連帯保証人になる点も覚えておきましょう。

このパターンで借りるメリットは、1人が組んだのでは不足する住宅ローン借入額を増やすことができることのほか、住宅ローン控除を2人で受けられることも挙げられます。また、住宅ローンを借りた分の所有権についても、それぞれとることができます。

注意点としては、事務コストが2倍かかる点が挙げられます。また、団信は通常、債権分で加入するため、夫にもしものことがあった場合、夫の住宅ローンは団信で相殺されても、妻の住宅ローンは残ります。妻が亡くなった場合の夫の住宅ローンも同じです。

表4 夫婦でペアローンを組んだ場合
項目
債務等 債務者 債務者
借入れ例 2000万円 1000万円
住宅ローン控除 対象 対象
団体信用生命保険 本人が借入れ分は対象 本人借入れ分は対象
借入れ分の名義 とれる とれる

わが家の場合はどう選べばいい?

以上、4つのパターンを見てきましたが、わが家の場合はどうかと考える際のために、整理してみます。

表5 うちの住宅ローンはどう組む?簡単チェック表

□住宅ローンを1人で組まざるを得ない(片働き)
 ⇒1人で組む
□住宅ローンを1人で組みたい(共働き)
 □1人の借入で十分  ⇒1人で組む
 □1人の借入では不足 ⇒収入合算(連帯保証型)

□2人で住宅ローンを利用したい
 □妻はずっと働く予定 ⇒収入合算(連帯債務型)、ペアローン
 □妻はいずれ仕事を辞める予定
    □1、2年で辞める ⇒収入合算(連帯保証型) 
    □辞めるのは5、6年以上先 ⇒収入合算(連帯債務型)、ペアローン

片働きなどで住宅ローンを1人で組まざると得ない場合は、もちろん1人で組みます。共働きなのに、何らかの理由で住宅ローンを1人で組みたい場合は、1人の借入で十分なら1人で組み、不足する場合は妻の収入も収入合算(連帯保証型)をして借りるといいでしょう。

「2人で住宅ローンを利用したい」場合は、妻がずっと働く予定であるか、やめるにしても5、6年以上先だというなら、収入合算(連帯債務型)やペアローンにして、夫婦で住宅ローン控除を受けるという方法もあります。住宅ローンを組んでも1、2年で妻が仕事を辞めるかもしれないのであれば、住宅ローン控除は夫だけが受けられるよう、初めから収入合算(連帯保証型)にしておく方がいいでしょう。

夫婦で住宅ローンを組む際の団信問題

夫婦2人で住宅ローンを組む際に、気になるのが団信の問題ではないでしょうか。特に子どもをこれからもうける、まだ幼いなどの時期には慎重に考える必要があります。

共働きで2人で収入合算(連帯債務型)やペアローンを利用する場合、夫にもしものことがあったときには、妻自身の住宅ローンが残ってしまいます。夫の側からしても、妻にもしものことがあった場合、同様に自分の住宅ローンを返しながら子育てなどを1人で行う可能性もあります。収入合算やペアローンなどで返済負担率を拡大して利用している場合は、共働きでもリスク管理はしておきたいものです。

・デュエット
「フラット35」を利用して収入合算(連帯債務型)をした場合に利用できる団信です。夫婦のどちらかが死亡・高度障害状態になった場合に、住宅の持分や返済額等にかかわらず、残りの住宅ローンが全額弁済されます。2人分の特約料は、1人加入の特約料の約1.56倍です。

・連生団信付住宅ローン「クロスサポート」(三井住友銀行)
この住宅ローンを収入合算(連帯債務型)して利用した場合、夫婦のどちらかが死亡・高度障害状態になった場合に、残った住宅ローンが全額弁済されます。保険料は、住宅ローン金利+年0.18%です。

・「ガン保障付き連生団信」(引受:カーディフ生命)
収入合算(連帯債務型)で住宅ローンを利用した場合、夫婦のどちらかが死亡・高度障害状態になった場合に、住宅ローンが全額弁済されます。さらに、「ガン保障付き」であるため、夫婦どちらかが生まれて初めてガンと診断された場合にも、住宅ローン残高が弁済されゼロになります。千葉興業銀行では「パートネイド」という商品名で導入、保険料は店頭金利に年0.35%上乗せで提供されています。

ほかにも、加入している生命保険にいざというときに残ってしまう住宅ローンの残債分をプラスしておく方法もあります。

今回は夫婦で住宅ローンを組む場合の選択肢や注意点などについて説明しました。上手な資金プランをたてて、楽しいマイホームライフを実現してください。

執筆者:豊田 真弓(とよだ まゆみ)

ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー
FPラウンジ ばっくすてーじ代表。経済誌・女性誌等のライターを経て94年よりFPとして独立。「家計の永続性」をテーマに、個人相談や講演・研修、雑誌や新聞、サイトへの寄稿、監修などを行う。「住宅ローン賢い人はこう借りる」(PHP研究所)、「50代家計見直し術」(実務教育出版)など著書多数。座右の銘は「今日も未来もハッピーに」。

連載バックナンバー知っておきたい!住宅ローンテクニック

本コラムは、執筆者の知識や経験に基づいた解説を中心に、分かりやすい情報を提供するよう努めておりますが、その内容について、弊社が保証するものではございません。

  • ファイナンシャルプランナーが徹底解説!知っておきたい!住宅ローンテクニック
  • ファイナンシャルプランナーからのアドバイス コラムを読む
  • ファイナンシャルプランナーが伝えたい!お役立ちマネー講座~ コラムを読む
  • 住宅ローン分析の専門家が解説!~知っておきたい!住宅ローンの最新動向~ コラムを読む
  • 高田先生に聞く!住宅購入マネー事情 コラムを読む
自分にあった住宅ローンを選ぼう
生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション!
健太と美咲の住宅ローン奮闘記 目指せマイホーム・オーナー

住宅ローンの知識

お得なローンはどれ?
超便利な住宅ローン徹底比較一覧!


■目的から探す
■金融機関から探す

提供:イー・ローン

住宅ローンベスト金利一覧

変動 0.444% 詳細
固定3年 0.300% 詳細
固定5年 0.300% 詳細
固定10年 0.580% 詳細
全期間固定 0.710% 詳細

2017年06月19日 現在
提供:イー・ローン

住宅ローンページをご覧のみなさまへ

住宅ローンのことなら、野村不動産アーバンネットのノムコム。ファイナンシャルプランナーが徹底解説!知っておきたい住宅ローンのテクニックをお届けします。これで住宅ローンの情報はバッチリ!