ノムコム60→ > 相続・贈与 > 贈与税の知識 > 低廉譲渡とは

贈与税対策のいろいろ低廉譲渡とは

 通常の売買では、世間相場より著しく安い価額で売るというのはきわめて稀なことですが、こと親族間、とくに親子間の売買になると、贈与税の負担軽減を目的として、このような低廉譲渡が行われがちです。すなわち、子供に財産を安く譲渡することができる上に、節税対策にもなるからです。

 しかし、相続税評価額を下回る価額で親子間で売買すると「行き過ぎた節税」ということになり、贈与税がかかります。

関連リンク

相続税を減らす生前の不動産対策コラム

不動産を絡めた相続・贈与対策について

不動産活用&相続コンシェルジュ
無料相談はこちらから

<相続・贈与の内容について>

本コンテンツの内容は、2019年4月1日現在施行されている法令に基づき作成しました。
ご利用の際は、税理士・税務署等、適切な専門家にご確認のうえ判断いただくようお願いします。