ノムコム60→ > 相続・贈与 > 贈与税の知識 > 贈与税はどのくらいかかるか

贈与税の基礎知識贈与税はどのくらいかかるか

贈与税の計算はどのように

 贈与税の計算は、相続税の計算に比べると、きわめて簡単です。

 まず、贈与税は、暦年=毎年1月1日から12月31日までの期聞を一区切りとして、その1年聞に贈与された財産の合計額に基づいて計算されます。従って、贈与税の課税価額は、1年間に受けた贈与財産の合計額となります。この課税価額から、1人年間110万円の基礎控除額を控除し、税率をかけて税額を算出します。

 贈与税額の計算をする上で、基礎控除後の価額に千円未満の端数があれば切り捨て。
計算された税額に百円未満の端教があれば切り捨てて、計算した税額が百円未満のときは、その全額が切り捨てられます。

贈与税の速算表 (2015(平成27)年1月1日以降)

(1)20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた場合

法定相続分に応じる取得金額 税率 控除額
200万円以下 10%
400万円以下の金額 15% 10万円
600万円以下の金額 20% 30万円
1,000万円以下の金額 30% 90万円
1,500万円以下の金額 40% 190万円
3,000万円以下の金額 45% 265万円
4,500万円以下の金額 50% 415万円
4,500万円超 55% 640万円

(2)(1)以外から贈与を受けた場合

法定相続分に応じる取得金額 税率 控除額
200万円以下 10%
300万円以下の金額 15% 10万円
400万円以下の金額 20% 25万円
600万円以下の金額 30% 65万円
1,000万円以下の金額 40% 125万円
1,500万円以下の金額 45% 175万円
3,000万円以下の金額 50% 250万円
3,000万円超 55% 400万円

速算表の利用方法

[例-1] 200万円の贈与を受けた場合
(200万円-110万円)×10%=9万円

[例-2] 1,500万円の贈与を受けた場合
(1,500万円-110万円)×40%-190万円=366万円
(1,500万円-110万円)×45%-175万円=450.5万円

贈与税の配偶者控除とは

 夫婦間で財産を移転した場合、相続税では配偶者に対する税額軽減という大幅な税額控除が設けられていますが、贈与税にも優遇措置が講じられています。

(注)配偶者控除は、同じ配偶者からの贈与については一生に一度しか適用を受けることができません。

関連リンク

相続税を減らす生前の不動産対策コラム

不動産を絡めた相続・贈与対策について

不動産活用&相続コンシェルジュ
無料相談はこちらから

<相続・贈与の内容について>

本コンテンツの内容は、2018年4月1日現在施行されている法令に基づき作成しました。
ご利用の際は、税理士・税務署等、適切な専門家にご確認のうえ判断いただくようお願いします。