ノムコム60→ > 相続・贈与 > 贈与税の知識 > 贈与とは

贈与税の基礎知識贈与とは

 贈与とは、自分の財産を無償で相手方に贈るという意思表示をして、相手方がこれを承諾することによって成立する、いわば契約の一種といえます。

 贈与税は、贈与によって財産を取得した人に課せられる税金です。つまり、贈与税は個人から財産をタダでもらった場合に、もらった人にかかる税金なのです。

贈与税の申告は

基礎控除を超える財産の贈与を受けた時には、その贈与を受けた翌年2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告書を税務署に提出して納付します。
贈与をした人には関係なく、贈与を受けた人の住所地の所轄税務署に提出します。

関連リンク

相続税を減らす生前の不動産対策コラム

不動産を絡めた相続・贈与対策について

不動産活用&相続コンシェルジュ
無料相談はこちらから

<相続・贈与の内容について>

本コンテンツの内容は、2018年4月1日現在施行されている法令に基づき作成しました。
ご利用の際は、税理士・税務署等、適切な専門家にご確認のうえ判断いただくようお願いします。