マンションデータPlus

ネットで住み替えノムコム nomu.com

市況・レポート

#不動産市況#価格動向#価格天気図#東京カンテイ#社会動向・調査

2018.09.27

「晴」が 19 地域で最多 価格は近畿圏で強含みの傾向 九州地方は弱含みに転じる

  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • Google+でシェア

改善が9地域に減少47都道府県の前月比価格下落は14→24地域に急増下落地域が半数を超える状況に

8月は「晴」が19地域で変わらず。「雨」は5から4地域に減少。「曇」は10から7地域に減少。「小雨」は5から6地域に増加。「薄日」は8から11地域に増加した。

全国で天候が改善したのは11から9地域に減少。横ばいは29から33地域に増加、悪化は7から5地域に減少。47都道府県のうち前月比価格が下落した地域数は14から24地域に大幅に増加した。

8月度は近畿圏で強含み、大阪府、兵庫県、京都府が4ヵ月連続で「晴」の状態を維持。滋賀県は「薄日」から「晴」に転じた。京都府では3,000万円の大台が目前となっている。

一方で、九州地方では前月の強含みから一転し、ほとんどの地域で価格が下落。佐賀県が「晴」から「薄日」、宮崎県が「小雨」から「雨」にそれぞれ転落し、ややマイナスに振れる変化が見られた。

詳細PDFはこちら

データについては無断で転載、利用することを禁じます。

提供:東京カンテイ
  • facebookでシェア
  • twitterでシェア
  • Google+でシェア

PAGE TOP