PRODUCED BY 野村不動産ソリューションズ


【新大阪】府内で唯一新幹線が乗り入れる、関西の交通の要衝として進化を続ける街

 
「新大阪」駅「新大阪」駅

大阪市淀川区にある「新大阪」駅は、府内で唯一新幹線が乗り入れる駅です。東京オリンピックが開催された1964(昭和39)年に開業して以来、区画整備と再開発を繰り返し、近代的な発展を遂げてきました。

さらに現在、リニア中央新幹線の開業を見据えた「新大阪駅周辺地域」のまちづくりが検討され、今後のさらなる発展が期待されています。

 

リニア中央新幹線の開業に合わせて開発が進む「新大阪」エリア
新大阪駅周辺地域都市再生緊急整備地域まちづくり都市機能の向上を図るゾーンの図(出典:大阪府「新大阪駅周辺地域都市再生緊急整備地域まちづくり方針2022【概要版】」)

東京オリンピック開催の直前、1964(昭和39)年10月に東京・大阪間を結ぶ東海道新幹線が開通し、それに合わせて関西屈指の巨大ターミナル「新大阪」駅が開業しました。

当初、大阪の東海道新幹線駅の候補地は複数ありましたが、大阪が折り返し駅であり、広大な用地が必要だったことなどから、「大阪」駅などの在来線駅を使用せずに、このエリアに新駅が設置されました。

また、「新大阪」駅の開業後には、地下鉄御堂筋線の延伸、大規模な区画整理が実施されるなど昔からさまざまな再開発が進められてきました。

そして、2037(令和19)年頃全線開業予定のリニア中央新幹線に呼応し、スーパー・メガリージョンの形成、社会状況の変化に備えた広域交通の一大ハブ拠点として再開発が行われる予定です。

この再開発事業は、2018(平成30)年8月、内閣府から「都市再生緊急整備地域の候補地域」として指定されたことから、新大阪駅周辺地域のまちづくりの方針が検討され、2022(令和4)年6月には「新大阪駅周辺地域都市再生緊急整備地域まちづくり方針2022」が取りまとめられました。

こちらのまちづくり方針では、駅とまちが一体となった世界有数の広域交通ターミナルの実現が示され、「新大阪」駅を中心に、「十三」駅や「淡路」駅の周辺を対象とし、20〜30年先を見据えたまちづくりを推進していく予定です。

 

在来線、地下鉄、新幹線計5路線が乗り入れる「新大阪」駅
東海道新幹線東海道新幹線

「新大阪」駅には、JR東海道新幹線・山陽新幹線に加え、在来線であるJR東海道本線、おおさか東線、さらに地下鉄OsakaMetro御堂筋線の4路線が乗り入れます。

東海道新幹線を利用すれば「東京」駅まで約2時間30分、山陽新幹線を利用すれば「博多」駅も同様に約2時間30分でアクセス可能です。また、大阪府の中心「梅田」駅へはOsaka Metro御堂筋線利用で6分ほどでアクセスできます。

また、ビジネスや大阪観光の拠点として多くの人に利用される「新大阪」駅ですが、駅構内には豊富なテイクアウトグルメや飲食が楽しめる「エキマルシェ新大阪」や、アパレルや飲食店が入居する「アルデ新大阪」など、グルメやショッピングを楽しめる環境がそろっています。

 

 

江戸時代から今に残る歴史的スポットも点在
光用寺光用寺(出典:大阪市淀川区役所ホームページ)

「新大阪」駅周辺では現在整備事業が進んでいますが、当時を偲ぶ歴史的スポットも点在しています。

「新大阪」駅から徒歩4分の場所にある「光用寺」は、747(天平19)年に僧・行基が創建した歴史あるお寺です。江戸時代から明治初頭にかけて寺内には高さ3メートル周囲21メートルと山のように咲き誇るさつきが有名でした。当時のさつきは枯れてしまいましたが、現在も毎年季節になると咲くさつきを愛でることができます。

このほかにも、「野々宮稲荷大神」に安置される「野々宮の力石」や、水不足の解消・商売繁盛の神様として蛇を主神とする「立森瑞神」といった神社もあります。

わずか50日間で9.5キロメートルの大水路を完成!「中島大水道」
中島大水道顕彰碑中島大水道顕彰碑

江戸時代、このエリアは淀川・神崎川・中津川に囲まれた低湿地で、古くから水害に悩まされており、農民らは幕府へ水路の工事を願い出たものの、補助付きでの工事許可がおりませんでした。

疲弊した農民を救うため、3人の庄屋(一柳太郎兵衛、西尾六右衛門、沢田久左衛門)が先頭に立ち、幕府の許可を得ることなく工事を進め、約50日間で現在の東淀川区〜此花区間の約9.5キロ、幅平均約22メートルの大水路を完成させたといいます。

「中島大水道」は1899(明治32)年の淀川改修まで機能し、その後市街地化に伴い道路などに変わっていますが、今も「さいの木神社」や東海道新幹線高架下の「中島大水道顕彰碑」では、3人の庄屋の遺徳や当時の水路を偲ぶことができます。

 

日常生活を支えるショッピング・リフレッシュスポットも充実
淀川河川公園淀川河川公園

「新大阪」駅周辺には、駅中施設の他にもショッピング環境が充実しています。

駅から徒歩10分ほどの場所にある「ゆめっせ 新大阪センイシティー」は、このエリアに暮らす人にとっては欠かせない存在です。紳士服・婦人服の専門店をはじめ、スーパーマーケット「ライフ セントラルスクエア西宮原店」、ホームセンター「コーナン新大阪センイシティー店」、家電量販店「ジョーシン新大阪店」などがそろいます。

また、リフレッシュできる自然環境も身近にあります。淀川沿いには「淀川河川公園」があり、河川敷をランニングやウォーキングで利用したり、野球やゴルフのショートコースを楽しんだりすることもできます。豊かな緑の中でバーベキューを満喫することも可能です。

夏には淀川河川敷で「なにわ淀川花火大会」も開催され、季節ごとの楽しみも多いエリアです。

充実した交通アクセス利便性とショッピング環境によりアーバンライフを享受できる新大阪エリアでは、今後の発展を期待しながら上質な暮らしを送ることができるでしょう。

掲載日
2022/08/30

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。記事の内容・情報に関しては、調査時点のもので変更の可能性があります。

このエリアの店舗不動産の購入や売却についてのご相談は、お気軽にスタッフまでお申し付けください
  • 野村の仲介江坂センター
    0120-912-811(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
このエリアのノムコムおすすめ!マンション
マンションデータPlus より
プラウドシティ新大阪
大阪メトロ御堂筋線 「新大阪」駅
ブランズ新大阪
大阪メトロ御堂筋線 「新大阪」駅
セレッソコート新大阪
大阪メトロ御堂筋線 「新大阪」駅
ファミール新大阪ネクス都
大阪メトロ御堂筋線 「新大阪」駅
プレサンス新大阪ステーションフロント
大阪メトロ御堂筋線 「新大阪」駅