PRODUCED BY 野村不動産ソリューションズ


【梅田】都心に広大な森が誕生する「うめきた2期」の再開発が加速

 
うめきた2期全景図(UR都市機構発表資料)

7つの鉄道駅が集中し、1日約250万人ともいわれる乗降客数を誇る西日本屈指のターミナル拠点である大阪・「梅田」駅周辺。 その北側で「うめきた2期」として行われている再開発では、駅前に4.5ヘクタールの広大な森が誕生することになり、注目を集めています。

 

「大阪駅北地区まちづくり基本計画」のはじまり
大阪駅

「うめきた」はJR「大阪」駅の北側に位置し、近年大規模な再開発が進んでいるエリアです。かつてこの場所には梅田貨物駅があり、1928(昭和3)年の開業から138年もの間、物流拠点として機能していました。しかし、その後の国鉄分割・民営化をきっかけに貨物駅は吹田市へと移転することが決定。移転後に残ったこの広大な土地をどう活用するかが長年検討されてきました。そして、2004(平成16)年に「大阪駅北地区まちづくり基本計画」が決定し、現在の大規模な都市開発である「うめきた1期・2期」がスタートしました。

 

「うめきた1期」は完成。梅田の中心地として機能
「グランフロント大阪」

うめきた再開発事業の対象となっている24ヘクタールの土地のうち、約7ヘクタールは先行して開発され、「グランフロント大阪」として2013(平成25)年4月に開業しました。南館(タワーA)、北館(タワーB、タワーC)、グランフロント大阪オーナーズタワー (分譲住宅)の全4棟の高層ビルが駅前に誕生し、ショッピングモールやレストラン、オフィス、ホテルなどのさまざまな機能を持った複合施設として、大阪の新しい顔となっています。

 

「うめきた2期」が事業スタート!大阪駅北側に大規模な都市公園が
うめきたの森

そして現在、「うめきた2期」の再開発事業も着々と進行しています。「うめきた2期」は、2015(平成27)年に”「みどり」と「イノベーション」の融合拠点”を目指すというまちづくりの方針が決定され、残りの開発区域(グランフロントの2倍以上)を大規模な都市公園として整備が進められています。

また、開発事業者も2018(平成30)年7月に決定。グランフロント大阪でも開発に携わっていた三菱地所を代表に大阪ガス都市開発、オリックス不動産、関電不動産開発など9社が参画するグループが選定され、「希望の杜 -Osaka”MIDORI”LIFE 2070の創造-」をコンセプトに、まちづくりが行われています。

開発区域は、北街区(1.6ヘクタール)、都市公園(4.5ヘクタール)、南街区(3ヘクタール)に分けられています。

北街区は、“新産業創出”を掲げ、新たなビジネスチャンスの創出ができるような「産学官民」の交流ゾーンとなる予定です。そして南街区は、国際集客・交流を創り出す商業・宿泊・MICE施設を誘致し、高度の複合都市機能を集積させたゾーンとして整備されています。

※MICEとは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどの総称です。(観光庁HPより)

さらに4.5haもの広さをもつ都市公園は、北公園・南公園・賑わい軸(東西軸)として整備されることが決定しています。

北公園は、自然を感じられる憩いの空間「うめきたの森」。飲食店、売店、ミュージアム、体験学習施設、休憩所などが整備されます。南公園は、1万人規模のイベントが可能な「リフレクション広場」。飲食店、売店、管理事務所、防災用の備蓄倉庫、屋根付広場、屋根付きの野外劇場が設置予定です。

また、北公園と南公園にはさまれる賑わい軸は、「阪急梅田」駅から新梅田シティー方面へ抜ける道路と公園が一体となった広場「ステッププラザ」として整備されます。北側は緑豊かな森、南側は人が集う広場、その間が公園と一体化した東西・南北をつなぐ空間になる計画となっています。

歩行者空間は、「大阪」駅や「グランフロント」とスムーズにつながる立体通路を整備し、エリア全体の回遊性を向上させる狙いです。「大阪」駅西口広場は、地下・地上・2階デッキの多層ネットワークを計画しており、「大阪」駅や2023(令和5)年に開業する「北梅田」駅と「うめきた2期」エリアとのアクセス性が強化されます。

今後は、「大阪・関西万国博覧会」の開催を翌年に控えた2024(令和6)年に「うめきた2期」の大部分が開業する予定です。2027(令和9)年には2期区域の全体が整備完了となり、まちびらきされる予定です。

 

新駅開通でさらに便利に
うめきた2期計画図画像クリックで拡大します

「うめきた」エリアでは、2023(令和5)年春開業予定の「北梅田」駅の工事が着々と進められています。「北梅田」駅は、これらの再開発事業と一体となって、約1.7キロメートルの地下化工事となっており、この地下化によって踏切の除却・交差道路の安全性向上が期待されています。

この「北梅田」駅を走るのは、JRなにわ筋線です。この線はJR「難波」駅および南海本線の「新今宮」駅をつなぐ新たな鉄道路線として整備され、JR西日本および南海電鉄が乗り入れる予定となっています。JRなにわ筋線の整備により、大阪の南北都市軸の強化などの効果が期待されています。

掲載日
2019/10/15

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。記事の内容・情報に関しては、調査時点のもので変更の可能性があります。

このエリアの店舗不動産の購入や売却についてのご相談は、お気軽にスタッフまでお申し付けください
  • 野村の仲介大阪支店
    0120-365-580(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
このエリアのノムコムおすすめ!マンション
マンションデータPlus より
パークタワー梅田
阪神本線 「梅田」駅
ラグザ大阪レジデンス
阪神本線 「梅田」駅
ザ・パークハウス梅田
阪急神戸線 「梅田」駅
ザ・梅田タワー
阪急神戸線 「梅田」駅
ローレルタワー梅田
阪急神戸線 「梅田」駅