ネットで住みかえノムコム nomu.com

PRODUCED BY 野村不動産アーバンネット

不動産売却ガイドお買いかえのお客様へ

今のお住まいを売却して、新たに不動産を購入される買いかえの場合、売却と購入のタイミングが重要になってきます。
同時に行えればよいのですが、先行して売却行うか、先に購入物件を見つけるか、それぞれにメリット・デメリットがありますので不動産会社と打合せの上、慎重に進める必要があります。

CASE01 売却を先行させるケース

購入希望の物件がはっきりと決まっていないケース、今のお住まいの不動産がいくらで売却できるか不確定で、資産計画がはっきりと立てられないようなケースでは、売却を先行させます。

メリット

売却が確定するので、売れないという心配がない。

デメリット

売却活動中に購入物件が決まらない場合は、今のお住まいを引渡さなければならず、仮住まいをする必要が出てくる。
→引越しの手間や仮住まいの費用がかかる

CASE02 購入を先行させるケース

購入希望の物件が決まっているケース、資金的に余裕があり、今のお住まいの売却価格に関わらず新規で購入、またはローンが組めるケースでは、購入を優先させます

メリット

購入希望の物件を先に決められる。購入物件に入居した後、自宅を売却するので仮住まいの必要がない。

デメリット

一定期間内に売却する必要があるため、売却に時間がかけられない。
売却の目処が立たず、購入資金が不足する場合、ダブルローンになる場合も。

CASE01、CASE02ともに、それぞれメリットとデメリットがあります。
そのデメリットを軽減するために、野村不動産アーバンネットからご提案です。

買換保証サービス
「売却不動産が売れなかったらどうしよう…」という不安を解消するサービスです。 一定期間の売却活動を行なっても売れなかった場合に、当社があらかじめお約束した価格で買取を行ないます。 『最低でもいくらで売れる』という金額を知ることができるので、資金計画も立てやすく安心!
※地域や物件により取扱が出来ない場合があります。

つなぎ融資サービス
購入不動産の代金支払日までに売却不動産が売れない、または売却の契約は済んだけれど代金の受け取りが未了の場合など、一時的に売却資金充当分をつなぎローンとして利用いただけるサービスです。
※当社が買換保証を行なった物件について適応されます。

あの人に、頼んでよかった。野村の仲介PLUS

60
カンタン入力!
売却・住みかえの第一歩は、
まず価格を把握することから!

査定したい不動産の所在地を選択してください
査定したい不動産の
郵便番号を入力してください