不動産に関する専門用語を解説!不動産用語集

頭文字:「 分類:「設備・施設用語

擁壁

読み
ふりがな: ようへき
意味
崖などの土砂崩壊を防止や、敷地と道路に高低差がある場合に、傾斜地の段差が崩れないように保護する壁のこと。大きな荷重を支えることができる性能も必要。俗に「土留め」ともいう。
集中豪雨や長雨によって崩れないように、水はけをよくするため水抜き穴などを適切な場所に設けるなどの廃水処理が重要。
建築基準法では高さが2mを超えるよう壁を要する場合は、建築確認を受ける必要がある。
関連用語

  • ノムコム会員
野村の仲介+

任せて安心!
野村の仲介+の
充実サービス

ホームステージング
モデルルームのような形にして販売活動を行うことで、売却を円滑に進めることを目指します。
ホームクリーンアップ
居住中の住まいをプロがお片づけ・清掃して、第一印象をより良くするサービスです。
買換保証
お買いかえのお客様へ。買取保証とつなぎ融資サービス。
補修保証
安心の保証サービス。事前検査を行い不具合があれば当社が補修します。
相続サポート
充実の相続サポート。資産・相続マスターが相続の不安を解消します。
店舗案内
顔写真・保有資格付きでスタッフも紹介。

不動産知識

ご売却サポート

不動産の査定に関する情報はこちら

不動産無料査定

カンタン入力で概算
価格をお知らせ。

「擁壁(ようへき)」とは?|不動産に関する基礎的な用語から専門用語まで紹介します。