不動産に関する専門用語を解説!不動産用語集

頭文字:「 分類:「設備・施設用語

二重床

読み
ふりがな: にじゅうゆか
意味
マンションなどの遮音性を高めるために、カーペットやフローリングを床スラブへ直に張るのではなく、間に緩衝材を入れて床板を二重にする工法。
二重床工法には主に、角材を均等に並べて床材を乗せる「根太床工法」、防振ゴム付きの支柱で支える「置き床工法」、断熱材を敷いた上にモルタルなどを打ち、床材を乗せる「浮床工法」の3タイプがある。最も遮音性が高いのは浮床工法といわれているが、建築コストが高いため、遮音等級の高いフローリングでは、置き床工法が主流となっている。
関連用語

  • ノムコム会員

不動産知識

ご売却サポート

不動産の査定に関する情報はこちら

不動産無料査定

カンタン入力で概算
価格をお知らせ。

「二重床(にじゅうゆか)」とは?|不動産に関する基礎的な用語から専門用語まで紹介します。