不動産に関する専門用語を解説!不動産用語集

頭文字:「 分類:「設備・施設用語

二重床

読み
ふりがな: にじゅうゆか
意味
マンションなどの遮音性を高めるために、カーペットやフローリングを床スラブへ直に張るのではなく、間に緩衝材を入れて床板を二重にする工法。
二重床工法には主に、角材を均等に並べて床材を乗せる「根太床工法」、防振ゴム付きの支柱で支える「置き床工法」、断熱材を敷いた上にモルタルなどを打ち、床材を乗せる「浮床工法」の3タイプがある。最も遮音性が高いのは浮床工法といわれているが、建築コストが高いため、遮音等級の高いフローリングでは、置き床工法が主流となっている。
関連用語

  • ノムコム会員
野村の仲介+

任せて安心!
野村の仲介+の
充実サービス

ホームステージング
モデルルームのような形にして販売活動を行うことで、売却を円滑に進めることを目指します。
ホームクリーンアップ
居住中の住まいをプロがお片づけ・清掃して、第一印象をより良くするサービスです。
買換保証
お買いかえのお客様へ。買取保証とつなぎ融資サービス。
補修保証
安心の保証サービス。事前検査を行い不具合があれば当社が補修します。
相続サポート
充実の相続サポート。資産・相続マスターが相続の不安を解消します。
店舗案内
顔写真・保有資格付きでスタッフも紹介。

不動産知識

ご売却サポート

不動産の査定に関する情報はこちら

不動産無料査定

カンタン入力で概算
価格をお知らせ。

「二重床(にじゅうゆか)」とは?|不動産に関する基礎的な用語から専門用語まで紹介します。