不動産に関する専門用語を解説!不動産用語集

頭文字:「 分類:「設備・施設用語

沓摺り

読み
ふりがな: くつずり
意味
建物の出入口のドアの下部にある部材のこと。部屋の気密性を高めたり、音漏れを防ぐために設けられる。室内ドアには木製、玄関ドアには防水性の高いステンレス製が多く、床面から少し出っ張る形にし、ドアの戸当たりがついている。最近では、バリアフリー対応のために出っ張りを抑えたタイプもある。

  • ノムコム会員
野村の仲介+

任せて安心!
野村の仲介+の
充実サービス

ホームステージング
モデルルームのような形にして販売活動を行うことで、売却を円滑に進めることを目指します。
ホームクリーンアップ
居住中の住まいをプロがお片づけ・清掃して、第一印象をより良くするサービスです。
買換保証
お買いかえのお客様へ。買取保証とつなぎ融資サービス。
補修保証
安心の保証サービス。事前検査を行い不具合があれば当社が補修します。
相続サポート
充実の相続サポート。資産・相続マスターが相続の不安を解消します。
店舗案内
顔写真・保有資格付きでスタッフも紹介。

不動産知識

ご売却サポート

不動産の査定に関する情報はこちら

不動産無料査定

カンタン入力で概算
価格をお知らせ。

「沓摺り(くつずり)」とは?|不動産に関する基礎的な用語から専門用語まで紹介します。