不動産に関する専門用語を解説!不動産用語集

頭文字:「 分類:「設備・施設用語

沓摺り

読み
ふりがな: くつずり
意味
建物の出入口のドアの下部にある部材のこと。部屋の気密性を高めたり、音漏れを防ぐために設けられる。室内ドアには木製、玄関ドアには防水性の高いステンレス製が多く、床面から少し出っ張る形にし、ドアの戸当たりがついている。最近では、バリアフリー対応のために出っ張りを抑えたタイプもある。

  • ノムコム会員

不動産知識

ご売却サポート

不動産の査定に関する情報はこちら

不動産無料査定

カンタン入力で概算
価格をお知らせ。

「沓摺り(くつずり)」とは?|不動産に関する基礎的な用語から専門用語まで紹介します。