不動産に関する専門用語を解説!不動産用語集

頭文字:「 分類:「設備・施設用語

遮音材

読み
ふりがな: しゃおんざい
意味
音を遮断する時に使う材料を遮音材という。コンクリートや石材、鉄材など重量の大きい物ほど、遮音性能が高い。一般に、戸境壁の遮音は、話し声やピアノの音などの空気伝播音だけを考慮すればよく、戸境壁に直接クロスを張りつけた直貼工法の方が遮音性が高い。一方、床の遮音は、子どもが飛び跳ねたり、走り回ったりする時の重量衝撃音と、物を床に落としたり、家具を動かしたりする時の軽量衝撃音は、カーペートを敷くだけでも効果がある。床衝撃音は、JISで決められた「L」で表し、L値が小さいほど遮音性能が優れている。JISの基準では、L-45で「聞こえるが気にならない」とされている。

  • ノムコム会員

不動産知識

ご売却サポート

不動産の査定に関する情報はこちら

不動産無料査定

カンタン入力で概算
価格をお知らせ。

「遮音材(しゃおんざい)」とは?|不動産に関する基礎的な用語から専門用語まで紹介します。