PRODUCED BY 野村不動産ソリューションズ


【港区】計画的なまちづくりや素早い情報伝達で、区内の地形の違いにも対応する港区の防災対策

 

港区は東京23区の中央からやや南に位置し、西部は武蔵野台地とその台地を刻む河川、東部や臨海副都心は低地や埋め立て地で構成されています。

武蔵野台地の縁には、「仙台坂」や「紀伊国坂」など、歴史を感じられる名が付く坂も点在していますが、「港区」という区名になった経緯をご存知でしょうか。

戦後間もない1947(昭和22)年、「東京港」の発展と新区としての成長を願い「東港区」という区名が制定されたと言われています。

しかし、「東京都東港区」では音が重なってしまうという事を理由に「港区」に改められました。

その後、1958(昭和33)年に高さ333メートルの「東京タワー」が完成し、当時の自立式鉄塔としては世界最高を誇りました。

今でこそ港区の象徴とも言える「東京タワー」は、戦後の日本の豊かさへの憧れや、戦後復興の象徴でもあったのです。

そうして今では、いわゆる都心3区の一角を占め、オフィスビルが建ち並び、多くの企業が本社を構えるなど、東京だけでなく日本の重要な業務を担うエリアとなっています。

近年は「六本木ヒルズ」や「虎ノ門ヒルズ」など再開発による超高層ビルも増えてきました。

一方、古くから住宅地の開発が進められたエリアも多く、「麻布十番」など情緒を感じられる街もあります。

臨海副都心の西側に位置する台場は計画的なまちづくりが行われ、近未来的な街並みが特徴です。

このように、新しい街並みとともに華やかなイメージのある港区でも、安心した暮らしを実現する、さまざまな防災対策が行われています。

区民向け防災マニュアル ~もしものときの防災マニュアル~
もしものときの防災マニュアル 大震災に備えてもしものときの防災マニュアル 大震災に備えて 表紙

港区では区民が災害時に適切な対応ができるよう、「もしものときの防災マニュアル 大震災に備えて」を発行しています。

「もしものときの防災マニュアル 大震災に備えて」は、「地震編」、「火災編」、「風水害編」、「自主防災編」の4編からなり、東日本大震災や2016(平成28)年の熊本地震での被害状況を紹介するとともに、地震の震度による揺れの強さと被害、津波のスピード、地下での浸水リスクなどを示し、地域や家庭での防災対策、準備すべき用品、心構えを解説しています。

 

防災マップ ~災害時の避難場所を知ろう~
港区防災地図港区防災地図

港区では災害時の被害をわかりやすく示すため、「港区防災地図」、「港区土砂災害ハザードマップ」、「津波ハザードマップ」、「港区浸水ハザードマップ」、「港区高潮浸水ハザードマップ」を作成しています。

「港区防災地図」では広域避難場所のほか、57か所の区民避難所(地域防災拠点)、21か所の福祉避難所を表示しています。

広域避難場所は、震災時の火災延焼による危険から避難する場所で、「明治神宮外苑地区」、「青山墓地一帯」、「有栖川宮記念公園一帯」、「自然教育園・聖心女子学院一帯」、「高輪三丁目・四丁目・御殿山地区」の5か所があります。

新橋、東新橋、浜松町、芝浦、港南などの港区南部、虎ノ門、六本木などの港区北部、臨海副都心の台場は震災時の火災の延焼の危険性が少ないため、広域避難場所に避難する必要がない地区内残留地区とされています。

 

各種ハザードマップ ~津波や豪雨、土砂災害から身を守るために~
港区津波ハザードマップ令和元年11月港区津波ハザードマップ(令和元年11月)

地震があった後は、海岸沿いに設けられた防潮堤や水門、古川の護岸などの防潮施設が機能しているかどうかが、防災の重要な観点となります。

「津波ハザードマップ」では、防潮施設が機能し液状化が発生しない場合と、防潮施設のすべてが損傷し、機能せずに液状化による沈下が発生する最悪の場合に分けて浸水エリアを想定しています。

防潮施設が健全に機能した場合に、津波による浸水が予想されているエリアは日の出ふ頭周辺のみですが、防潮施設が機能せず液状化が起きた場合は、「芝小学校」や「みなとpark芝浦」付近でも津波による浸水が予測されています。

津波による浸水が予想されるエリアには21か所の「津波避難ビル」が指定されており、津波の危険がある際には「津波避難ビル」の3階以上への避難を呼びかけています。

「港区土砂災害ハザードマップ」は土砂災害の危険を示したもので、「愛宕神社」周辺や「氷川神社」周辺など台地の縁を中心に、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域が指定されています。

「港区浸水ハザードマップ」は、下水道や河川の排水能力を大きく超える激しい雨が降った場合に、浸水が発生する地域を予想したもので、古川沿いや東部の低地で浸水が予想されています。

「港区高潮浸水ハザードマップ」は想定される最大の規模の高潮による氾濫が海岸や河川から発生した場合に想定される浸水の区域を示しており、日比谷通りから第一京浜(国道15号)の東側や古川沿いで高潮による浸水が予想されています。

土砂災害の危険がある場合、大雨や高潮で浸水が予想される際は最寄りの区民避難所(地域防災拠点)に避難します。

 

防災学習 ~いち早く、必要な情報を入手しよう~

災害時には防災行政無線のほか、さまざまな手段で区民に情報を伝達します。

防災情報メール」は港区内9か所の雨量計などの情報から、とくに注意が必要な局地的豪雨(ゲリラ豪雨)の情報を提供し、気象庁などが情報を発表してから1~2分程度で配信されます。

港区内の雨量やリアルタイムの古川の水位上昇といった情報は、防災情報メールだけで提供されています。

港区防災アプリ イメージ港区防災アプリ イメージ

さらに、スマートフォンで利用できる「港区防災アプリ」も配信しています。

このアプリでは、「防災マップ」、「地区別防災マップ」、「水位・雨量情報」、「安否情報」、「リンク集」、「防災情報」、「防災ガイド」といった多彩なコンテンツを簡単に利用できます。

ブザーを鳴らし周囲に危険を伝えたり、各種ライトを点灯させたりする機能もあります。

 

災害時の被害軽減 ~日頃のチェックと備えを意識して~

港区では、災害が起きた際の被害を最小限にするための取り組みにも力を入れています。

大地震が起きた時に家具が倒れないようにする「家具転倒防止器具」を無償で支給し、高齢者など自力で器具を取り付けることが困難な世帯には、無償で「家具転倒防止器具」の取り付け支援も行っています。

港区はマンションが多いため、マンション居住者や管理組合、管理人を対象とした、「港区マンション震災対策ハンドブック~在宅避難のすすめ~」を作成しています。

このハンドブックを見れば、平常時に準備すること、災害時にとるべき行動が一目でわかります。

また、点在している崖・擁壁の安全確認、改修の検討に活用できる「簡単なチェックシート」などを掲載した「港区がけ・擁壁安全ハンドブック」を作成・配布するとともに、ハンドブックの内容に関する説明会も実施しています。

「msb Tamachi(ムスブ タマチ)」の開業など、新たな街として賑わう「田町」駅東口周辺の街並み「msb Tamachi(ムスブ タマチ)」の開業など、新たな街として賑わう「田町」駅東口周辺の街並み

港区では、木造家屋密集や、旧耐震基準の建物、細い道路といった防災面の課題がまだ残されています。

これらの課題を解消するために区は再開発を推進し、「田町駅前東口地区」や「浜松町一丁目地区」などで再開発が完了しているほか、現在も「白金一丁目東部北地区」や「新橋田村町地区」などで再開発が進められています。

掲載日
2021/10/19

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。記事の内容・情報に関しては、調査時点のもので変更の可能性があります。

このエリアの店舗不動産の購入や売却についてのご相談は、お気軽にスタッフまでお申し付けください
  • 野村の仲介日本橋営業部
    0120-691-380(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介麻布営業部
    0120-703-320(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介渋谷営業部
    0120-554-281(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介赤坂センター
    0120-935-730(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介品川センター
    0120-658-101(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介三田センター
    0120-948-220(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介虎ノ門センター
    0120-982-248(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介広尾センター
    0120-951-835(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介目黒センター
    0120-992-993(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介五反田センター
    0120-658-101(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
このエリアのノムコムおすすめ!マンション
マンションデータPlus より
パークコート浜離宮ザ・タワー
山手線 「浜松町」駅
パークコート南麻布
東京メトロ南北線 「麻布十番」駅
パークコート青山ザ・タワー
東京メトロ銀座線 「青山一丁目」駅
ローレルタワールネ浜松町
京浜東北・根岸線 「浜松町」駅
ザ・パークハウス白金二丁目タワー
東京メトロ南北線 「白金台」駅