PRODUCED BY 野村不動産ソリューションズ


【神戸三宮】一体的なターミナル形成へ、進む三宮再整備計画

 
三宮・神戸三宮・三ノ宮駅

三宮は兵庫県最大のショッピングタウンであり、阪急電鉄など、鉄道6路線の駅が集まり、特急・快速がすべて停まる市内最大のターミナル拠点としてにぎわうエリアです。

その反面、鉄道の駅から街へのルートが複雑で、バス乗り場が分散しているなど使いづらい側面もありました。これらの問題を解消し、さらに魅力ある街を目指して、大規模なプロジェクトが動き出しています。

 

三宮再整備基本構想と「えき≈まち空間」
イメージ図(出典:三宮周辺地区の『再整備基本構想』)

神戸市は、市の中心地・三宮の魅力をさらに高めるため、三宮再整備に本格的に着手しました。

三宮再整備は、三宮の駅と街をさらに近接させ、駅を出た瞬間に街へと誘われる空間を目指し、歩行者空間の整備、駅前広場の拡充、バス乗り場の集約、風格ある街並みの誘導などに取り組むことにしています。

2015(平成27)年に策定された三宮周辺地区の「再整備基本構想」は、「美しき港町・神戸の玄関口“三宮”」というコンセプトのもと、三宮の6つの駅やバスターミナルと、市街地(ショッピング施設等)を結ぶ空間を「えき≈まち空間」と捉え、誰にとっても使いやすく安全で安心、分かりやすい空間に再整備する方針が打ち出されています。

「えき≈まち空間」の目標像としては、三宮の6つの駅があたかも一つの大きな「えき」となるような空間になること、「えき」と「まち(市街地)」が行き来しやすく、より便利で回遊性を高める空間になること、美しき港町・神戸の玄関口にふさわしい象徴となる空間になることなどを掲げ、街の整備を計画しています。

具体的には各駅の改札口からの乗り換え導線の改善、新たなバスターミナルの整備によるバスやタクシー乗り場の集約、「三宮クロススクエア」の形成などが盛り込まれています。

「三宮クロススクエア」は、三宮交差点を中心として地区内の6駅を結ぶフラワーロードと中央幹線の一部を一般車両の進入を制限し、人と公共交通を中心とした、歩きやすく公共交通を利用しやすい構造に改める方針です。

これらのまちづくりは行政と民間事業者、地域住民による地域協議会と連携して進められることになり、すでに民間事業者による開発が動き出しました。

 

西日本最大級の中・長距離バスターミナル整備構想
新しい中・長距離バスターミナルのイメージ図

「えき≈まち空間」の計画で、「三宮クロススクエア」と並びメインとなるのが新たな中・長距離バスターミナルの整備です。三宮周辺では中・長距離バス乗り場が6ヵ所あり、分散していること、バスと歩行者が交錯するなど安全性の懸念が指摘されていました。

そこで、神戸市は「ミント神戸」1階の「三宮バスターミナル」と一体的に利用できる新たな中・長距離バスターミナルの整備計画『新たな中・長距離バスターミナルの整備に向けた雲井通5・6丁目再整備基本計画』を2018(平成30)年3月に策定しました。

新しい中・長距離バスターミナルは、現在の「ダイエー神戸三宮店」や「三宮オーパ2」、「サンパル」、「神戸市中央区役所」などが建つエリアに整備されます。まず第1期として、東側の「サンパル」や「神戸市中央区役所」があるエリア(雲井通5丁目部分)を整備し、2020(令和2)年に建物の解体を開始、2025(令和7)年の完成を目指します。

その後、2029年の完成を目標に「ダイエー神戸三宮店」や「三宮オーパ2」の部分で第2期(雲井通6丁目部分)の整備を行います。

最終的には2棟の超高層ビルが並ぶツインタワーとなり、低層階はバスターミナル、中層階はショッピング施設や公共施設、高層階はオフィスやホテルとして利用することを想定しています。現在は「雲井通5丁目再開発株式会社」が設立され第1期の整備が進められています。

 

阪急「神戸三宮」駅の駅ビル「神戸阪急ビル東館」の建替
「神戸阪急ビル東館」の完成イメージ図

これら再整備計画と並行し進んでいたのが「神戸阪急ビル東館」の建替です。

1936(昭和11)年に阪急神戸本線「神戸」駅(現・阪急「神戸三宮」駅)と一体で建設された「神戸阪急ビル東館」は、1995(平成7)年1月の阪神・淡路大震災により被災・解体するまで、60年近くにわたって、神戸・三宮のシンボルとして親しまれてきました。

阪急電鉄は2016(平成28)年に建替計画を発表し、2017(平成29)年にビルは解体されました。

2021(令和3)年に竣工し、地上29階、地下3階、高さ約121m、延床面積約2万8,800平方メートルの商業施設、オフィス、ホテルなどで構成する複合ビル「神戸三宮阪急ビル」になりました。

具体的には、低層階(地下2階~3階)に駅施設・商業施設の「EKIZO神戸三宮」、中層階(4~15階)はオフィス・知的交流スペース「ANCHOR KOBE(アンカー神戸)」、高層階(17~28階)は宿泊主体型ホテル「レムプラス神戸三宮」、29階が展望フロア、レストランになっています。

三宮エリアは、従来の歴史・文化や生活利便性に加え、再開発も進むことから、注目を集めています。この街は利便性と落ち着きのある環境が両立する住宅地として、根強い人気を保ち続けています。

掲載日
2020/05/29

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。記事の内容・情報に関しては、調査時点のもので変更の可能性があります。

このエリアの店舗不動産の購入や売却についてのご相談は、お気軽にスタッフまでお申し付けください
  • 野村の仲介神戸三宮センター
    0120-989-335(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
このエリアのノムコムおすすめ!マンション
マンションデータPlus より