PRODUCED BY 野村不動産アーバンネット


【戸塚】再開発で横浜市の西の拠点として発展を遂げた戸塚エリア

 
戸塚駅

横浜市戸塚区の中心地に位置する「戸塚」駅はJR東海道線、JR湘南新宿ライン、JR横須賀線、横浜市営地下鉄ブルーラインが乗り入れるターミナルです。近年、「戸塚」駅周辺では再開発など都市インフラ整備が進められ、横浜市の西の拠点として発展を遂げました。

新たなショッピング施設がいくつも誕生したこともあり、交通アクセスに恵まれた暮らしやすい街として注目を集めるようになっています。

 

東海道の宿場町として発展
戸塚宿

戸塚は東海道の宿場町として栄えた歴史を持ちます。「戸塚宿」は日本橋から数えて5番目の宿場で、朝に江戸を出発すると一泊目の宿泊地として最適の距離にあったため、大いに賑わっていたといいます。

本陣は2か所にあり、「澤邉本陣跡」に建つ碑などに面影をしのぶことができます。もうひとつの「内田本陣跡」は現在の「戸塚郵便局」にありました。

1887(明治20)年に鉄道が開通すると宿場としての機能は失われましたが、第二次世界大戦以降には多くの住宅地の開発が進められるようになりました。1987(昭和62)年には横浜市営地下鉄の駅が設置されたほか、1999(平成11)年には横浜市営地下鉄の「戸塚」駅から「湘南台」駅間が開通し、横浜市の西の拠点としての地位を確立しました。

 

「横浜市都市計画マスタープラン 戸塚区プラン」に基づき都市インフラ整備が進む
横浜市都市計画マスタープラン戸塚区プラン「戸塚のまちづくり」より

「戸塚」駅周辺のまちづくりの基本となっているのは、2001(平成13)年に策定された「横浜市都市計画マスタープラン 戸塚区プラン」です。

「横浜市都市計画マスタープラン 戸塚区プラン」では、「戸塚」駅周辺を交通・業務・商業・文化が集積する拠点ととらえ、都市基盤やショッピング施設などの機能強化に加え、混雑の緩和やバリアフリー化を行い、よりきめ細かなまちづくりを進めていく提案がなされています。

その後、少子高齢化や地球温暖化の更なる進行など社会情勢が変化してきたことや、「戸塚」駅周辺では再開発など都市インフラ整備が進み、今後は「戸塚」駅周辺の混雑緩和やバリアフリー化などよりきめ細やかなまちづくりの推進が求められていることから、2018(平成30)年に改訂されました。

改訂版「横浜市都市計画マスタープラン 戸塚区プラン」では、鉄道駅を中心としたコンパクトな市街地を基本に業務・商業・文化などの多様な機能を維持し、さらなる集積を目指すとし、駅前広場の再配置、駅周辺のバリアフリー化、道路交通の円滑化、バス路線再編成の検討、駅周辺の道路整備などを掲げています。

 

「戸塚」駅西口のシンボルとなった2つの大規模ショッピング施設
「トツカーナモール」

2010(平成22)年には「戸塚駅西口第1地区第二種市街地再開発事業」により整備された「トツカーナモール」と「戸塚パルソ」が相次いで誕生しました。「トツカーナモール」はかつてより西口で営業していた地元の店などが入る大規模ショッピング施設で、多くの専門店が集まる「東急プラザ戸塚」も併設されています。「戸塚パルソ」は、11棟の独立したビル群の集まりで、さまざまな専門店が入る個性的な街並みを作っています。

この再開発では、2010(平成22)年に登場した「戸塚」駅直結の巨大なバス・タクシーのロータリー「戸塚西口バスセンター(第一交通広場)」、同じく2012(平成24)年に「さくらプラザ」1階に完成した「第二交通広場」も整備されています。これにより、「戸塚」駅前の混雑が解消し、バスやタクシーで混み合った昔とは比べ物にならないほどスマートになりました。

「横浜市戸塚区役所」はかつて「戸塚」駅から徒歩10分ほどの場所にありました。2013(平成25)年には「トツカーナモール」の隣に「戸塚区総合庁舎」が完成し、「横浜市戸塚区役所」がこちらに移転したことで、行政手続きがよりいっそう便利になりました。「戸塚区総合庁舎」には「戸塚区民文化センターさくらプラザ」も併設され、コンサートや展覧会を通じて、文化に触れる機会も多くありそうです。

 

「戸塚西口第3地区」の開発も進行中
『戸塚駅周辺地区市街地開発事業区域図』(出典:横浜市HP)

現在は「戸塚」駅のそばの大規模開発や整備は一通り終了し、西口から徒歩3分ほどの「戸塚西口第3地区」で開発が進められています。

このエリアでは土地区画整理が計画されていましたが、未着手のまま約50年が経過していました。周辺エリアと比較してインフラの整備水準が低いことや、密集家屋による防災上の課題があること、近年の社会情勢の変化や地区周辺の開発などにより、老朽化した建物や空き店舗が目立っているなど多くの問題を抱えていました。

そこで、もともと広がっていた商店街の魅力を最大限に活かしながら、より親しみとにぎわいの持てる街を目指し、土地区画整理を取りやめ、地区計画により街づくりを進めることになりました。

旧「戸塚バスセンター」跡地では「ザ・パークハウス戸塚フロント」が誕生したほか、地区の骨格となる外周道路の整備も進められています。新たな道路は歩道の幅も広く、ベビーカーや車椅子でも安全に通行できそうです。

「戸塚」駅周辺は再開発により商業・交通・安全・文化とさまざまな面で暮らしやさがぐんと上がりました。今後、戸塚区全体の都市計画の進展に加え、バリアフリー化や通学路への歩道の設置など身近な改善策が実行されていくことで、より住みやすい街になっていくことが期待できそうです。
掲載日
2020/11/13

本記事は、(株)ココロマチ が情報収集し、作成したものです。記事の内容・情報に関しては、調査時点のもので変更の可能性があります。

このエリアの店舗不動産の購入や売却についてのご相談は、お気軽にスタッフまでお申し付けください
  • 野村の仲介東戸塚センター
    0120-981-961(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
  • 野村の仲介大船センター
    0120-885-236(通話無料・携帯もOK)

    営業時間 : 9:30~18:10

    定休日 : 火曜日・水曜日

    店舗情報はこちら
このエリアのノムコムおすすめ!マンション
マンションデータPlus より
ザ・パークハウス戸塚フロント
東海道本線(東京~熱海) 「戸塚」駅
パークタワー東戸塚
横須賀線 「東戸塚」駅
グランドメゾン東戸塚
横須賀線 「東戸塚」駅
ベリスタタワー東戸塚
横須賀線 「東戸塚」駅