神奈川日和のキャッチコピー 野村不動産アーバンネット
神奈川日和

鎌倉の海の傍らに伸びる国道134号線沿い、江ノ島電鉄稲村ヶ崎駅、稲村ヶ崎公園からも近い日帰り温泉です。あたたかみの感じられる灯りと木をふんだんに用いた和風のたたずまいは、老舗の温泉旅館を思わせます。「黄金の湯」の由来となった温泉は、美肌の湯とも呼ばれる炭酸水素塩冷鉱泉で、褐色がかった黄金色はまさに字のごとく。海の目の前にありながら、分厚い岩盤に守られていることにより海水を一切含まないため、さっぱりとした湯上りも特徴となっています。相模湾を見渡せる展望風呂は「大島之湯」と「富士見之湯」の2種類あり、1週間ごとに男湯と女湯が入れ替わります。目の前に広がる海はもちろん、天候に恵まれれば富士山も望める絶景は、稲村ヶ崎温泉随一の魅力と言えるでしょう。また展望風呂にはそれぞれ、吹き抜ける潮風を堪能できる「天空風呂」も備えられています。源泉かけ流しの水風呂も、サウナ派には見逃せません。

この春、新しくオープンした「家族風呂」は「家族や大切な方々と、ゆっくりと温泉を満喫していただきたい」というオーナーの心遣いから設えられたもの。5室あるうちの2室、「金山の湯」、「稲村の湯」には露天風呂、サウナ、源泉掛け流しの水風呂も備えられていて、のんびりとくつろげる、まさに至福の空間です。ゆっくりと過ごすなら、おすすめの時間帯は午前中早め。観光やレジャーに、多くの人が鎌倉や湘南周辺を目指して集まる土日でも、比較的落ち着いて過ごせます。朝の抜けるような空と真っ青な海、きらきら光る水面を一望できるのも、この時間帯ならではの楽しみです。そして鎌倉の海といえば、水面を美しく染める雄大な夕日。温泉にゆっくり浸かって疲れを癒し、相模湾の向こうに沈む夕日や江の島の夜景を眺めながら、冷たいビールと美味しい食事を楽しむのも一興。長谷寺などの人気スポットからも近い稲村ヶ崎温泉、鎌倉で過ごす一日の締めくくりにもぜひ立ち寄りたい名湯です。

■住所/神奈川県鎌倉市稲村ガ崎1-16-13 ■電話番号/0467-22-7199 ■営業時間/9:00 ~ 21:00 最終受付 20:00迄 ■定休日/年中無休(メンテナンスのための休業あり)

相鉄線上星川駅前、江戸時代の宿場町をイメージした店構えや内装がユニークな天然温泉です。風情たっぷりの天然温泉岩風呂をはじめとした種類豊富なお風呂が自慢で、自家抽出している漢方エキスと高濃度人工炭酸泉を組み合わせた「漢方炭酸泉」は漢方と炭酸泉の両方で血行を促し、芯から温まれます。畳敷きの寝床が珍しい「うたた寝湯」でのんびり横になるのもおすすめ。オートロウリュ式の「タワーサウナ」は室内が6段に分かれており、お好みの温度帯が選べるのが魅力的です。女湯では泥パックの無料配布なども行われており、漢方エキス投入やロウリュ、泥パック配布の時間を目指して訪れる方も多いのだとか。湯上がりはうどんの名店「つるとんたん」のグループ会社が運営するお食事処「山水草木」で和食や軽食、スイーツを楽しんで。

■住所/神奈川県横浜市保土ケ谷区上星川3-1-1 ■電話番号/045-370-4126 ■営業時間/6:00~25:00(最終受付 24:30) ■定休日/毎月第3火曜日

小田急江ノ島線・相鉄線・横浜市営地下鉄線湘南台駅そばの天然温泉です。自慢の「奥湯河原の湯」は、湯河原の奥座敷として名高い「神谷温泉」の源泉を毎日直送したもの。無色透明でさらさらと柔らかい肌あたりが優しく疲れを癒します。大人が腰までゆったり浸かれる間口7m、深さ90cmの本格的な大浴槽でじっくり温まれるのもうれしいところです。屋上には定期的にお湯が変わる人工温泉の「らくの湯」、疲労回復や肩こりによいとされる「炭酸風呂」、ゆったりとくつろげる「寝ころび湯」があり、ドライサウナや水風呂も充実しています。湯上がりはお食事処「さくら」で一杯もよし、館内着を着て、「自遊広場」の畳敷きの広いスペースや半個室ベッド、ビーズソファなどでくつろぐのもよし。思わず時間を忘れそうな、6000冊もの漫画を存分に楽しむのもおすすめです。

■住所/神奈川県藤沢市湘南台2-7-5 ■電話番号/0466-43-1126 ■営業時間/月~土曜日・祝日・祝前日の日曜日10:00~翌9:00(入浴は翌7:00まで 金・土は翌7:30まで)日曜日5:00~9:00(入浴は7:30まで)、10:00~23:00 ■定休日/第3月曜日(月曜日が祝日の場合は第2月曜日)

「美肌の湯」とも言われるやわらかな泉質の炭酸水素塩温泉を、開放感あふれる野天岩風呂、信楽焼の壷湯、檜の香りと古き良き湯治場の風情をまとった庵湯などでじっくり味わえます。屋内には皆でのんびり楽しめる足湯も備えられています。

■住所/神奈川県川崎市麻生区片平8-2-1 ■電話番号/044-989-2644 ■営業時間/日~木曜日 9:00~24:00、金・土曜日・祝前日 9:00~25:00 ■定休日/年中無休(休館日あり)

東急田園都市線宮前平駅徒歩4分。地下1500mから湧く黒褐色の天然温泉に炭酸ガスを溶かしこんだ「炭酸琥珀湯R」では、温泉の美肌効果と炭酸浴の相乗効果が期待できます。季節のメニューを楽しめるお食事処、6種の部屋がある岩盤浴もおすすめ。

■住所/神奈川県川崎市宮前区宮前平2-13-3 ■電話番号/044-860-2641 ■営業時間/平日 10:00?24:00 土日祝 9:00?24:00 ■定休日/年中無休

東急田園都市線・市営地下鉄あざみ野駅からシャトルバスで約10分。療養泉級の濃度を誇る「高濃度炭酸泉」、季節の移ろいを感じられる「露天寝ころび湯」、人工温泉とミクロの気泡を組み合わせた「絹の湯」、「備長炭水風呂」など種類豊富なお湯が楽しめます。

■住所/神奈川県横浜市青葉区すすき野3-2-7 ■電話番号/045-905-2641 ■営業時間/7:00?24:00 ■定休日/年中無休

「熱の湯」とも呼ばれる塩化物泉の源泉かけ流しが自慢の温泉です。天然温泉に高濃度炭酸を溶け込ませた炭酸風呂や、スチーム腰掛湯、ハーブ湯、ミルキーバスなど、ユニークな発想のバラエティ豊かなお風呂が楽しめます。

■住所/神奈川県横浜市都筑区中川中央2-7-1 港北みなも3階 ■電話番号/045-595-0260■営業時間/10:00~24:00 ■定休日/偶数月 第1水曜日

JR南武線矢向駅からほど近い、自家源泉100%の天然温泉です。岩のミネラル、海草、草木の成分や繊維などが溶け込んだ成分の濃い温泉は「化石海水」と呼ばれています。首都圏では珍しく、体に成分が浸透しやすい性質の「高張性泉」でもあります。

■住所/神奈川県川崎市幸区塚越4-314-1 ■電話番号/0120-650-711 ■営業時間/10:00~24:00 ■定休日/年中無休(メンテナンスのための休業あり)

昔ながらの親しみやすい雰囲気が魅力の天然温泉。地下約1500メートルから湧き出す名湯「末吉の湯」は、体の芯から温めてくれるという塩化物強塩温泉です。露天風呂や檜湯など7種類のお風呂に加えて、ユニークな「黄土サウナ」もおすすめです。

■住所/神奈川県横浜市鶴見区下末吉2-21-21 ■電話番号/045-585-1126 ■営業時間/10:00~24:00 ■定休日/不定休

毎朝、タンクローリーで運ぶという湯河原温泉の源泉が自慢。開放的な露天風呂やじっくり温まれる石風呂で温泉を楽しんだら、毎日ロウリュイベントのあるサウナもぜひ体験したいところ。天気の良い日には富士山が望めるという、屋上の足湯庭園もお楽しみください。

■住所/東京都町田市鶴間7-3-1 ■電話番号/042-788-4126 ■営業時間/24時間営業(大浴場 3:30~5:00 、脱衣所 4:00~5:00は清掃のため利用不可) ■定休日/年中無休(メンテナンスのための休業あり)

「熱海温泉」「湯河原温泉」の源泉が毎日運び込まれる温泉。大きな窓を備えたモダンな内湯、趣あふれる岩風呂の露天、みなとみらい21地区を眼下に眺める展望足湯庭園と楽しみ方もさまざま。ナノサイズのミストに包まれる体感浴「ナノクラ」(女性限定)もぜひ。

■住所/神奈川県横浜市中区新港2-7-1 ■電話番号/0570-07-4126 ■営業時間/ 24時間営業(大浴場 3:30~5:00、脱衣所 4:00~5:00は清掃のため利用不可) ■定休日/年中無休 (メンテナンスのための休業年2回あり)

三浦半島のリゾートホテルで味わえるのは、地下1500mから湧き出す天然温泉。肌に滑らかな潤いを与えてくれます。開放感あふれる露天風呂は時間による男女入れ替え制(午後は女性用)となっています。少しのんびりしたい方には客室が使えるデイユースプランがおすすめ。

■住所/神奈川県三浦市南下浦町3231 ■電話番号/0120-046-889 ■営業時間/9:00~22:00(11:00~12:00は清掃のため利用不可)※夏期(2019年7月20日~8月25日)、三浦マラソン開催日(3月)は大浴場の混雑が予想されるため、利用時間は14:00まで。 ■定休日/年末年始(12月31日~1月3日)、三浦海岸花火大会開催日、ほか休館日

[an error occurred while processing this directive]