[無二の邸宅地]

呑川本流緑道(現地より約10m・徒歩1分)

緑と静寂に抱かれた、
自由が丘の奥座敷。

華やぎと洗練に寄り添う自由が丘の奥座敷として成熟を深めてきた、目黒区八雲。歴史ある寺社仏閣が醸し出す趣きと深く息づく緑の景観、そして第一種低層住居専用地域という確かな資性が、この街の価値を物語る。

現地周辺の航空写真

  • 呑川本流緑道
    (現地より約10m・徒歩1分)

  • 八雲氷川神社
    (現地より約530m・徒歩7分)

四季薫る景観を湛える佳景、
呑川本流緑道。

「新編武蔵風土記稿」にも謳われ、昭和初期には水車も見られた呑川は、40年ほど前に暗渠化され新たに緑道として整備された。いまでは全長3kmにわたる桜の名所として親しまれ、季節ごとに鮮やかな景観を映し出す。

呑川本流緑道(現地より約10m・徒歩1分)

上質な住環境が守られた、
第一種低層住居専用地域。

古事記の一節を地名の由来に持つ八雲は現在、町内の約7割が第一種低層住居専用地域に指定※1 。街の上質な景観を守るために、建築物に様々な制限が設けられた街は、静かに暮らすための指標とされている。

  • 八雲三丁目の街並

20年超でわずか
2物件 の稀少性。

2018年3月撮影

1997年以降、目黒区内で分譲された321物件の内、第一種低層住居専用地域に属し、敷地南に緑道が広がる物件はわずか2物件。供給率0.6%という圧倒的な稀少性が、本プロジェクトの価値を物語る。

※本件を含む。対象期間:発売年月が1997年1月1日~2018年9月15日 MRC調査。補足分に基づく分譲マンションデータによる。

コンセプトビジュアル

※掲載の現地周辺航空写真は、2018年7月に撮影したものに、光等CG処理を加えたもので、実際とは異なります。現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。
※1.2018年10月現在 都市計画法の変更により、将来、用途地域が変更になる場合があります。
※掲載のコンセプトビジュアルは、計画段階の図面を基に描き起こしたバルコニー手摺に現地南の桜並木イメージを合成・加工して表現したコンセプトビジュアルであり、実際とは異なります。また景観は将来に渡り保証されるものではありません。予めご了承ください。
※掲載の環境写真は参考写真を除き、2018年9月に撮影したものです。
※徒歩分数は80m=1分(端数切り上げ)として換算したものです。
※掲載の内容は2018年10月現在時点の情報です。今後、変更になる場合があります。

7 / 20(土)16:00
第2期1次申込登録受付締切

完成後販売 実際のお部屋を
ご覧いただけます。

第一種低層住居専用地域 
70㎡超・3LDK中心

南向き81㎡超 11,858万円
南向き74㎡超 9,188万円
角住戸2LDK 6,998万円