不動産サイト nomu.com > 住宅ローン > 住宅ローンコラム > ファイナンシャルプランナーからのアドバイス > 住宅ローン、「変動金利」「固定金利」ともに低金利の今がチャンス!?
住宅ローンコラム ファイナンシャルプランナーからのアドバイス

提供:イー・ローンイー・ローン

住宅ローン、「変動金利」「固定金利」ともに低金利の今がチャンス!?

2011年09月16日

  • 住宅ローンの金利が低くなっていると聞きますが、その背景にはどんなことがあるのでしょうか?
    (主婦 37歳)
  • 住宅ローンの金利は、民間金融機関の金利競争や、市場金利の下落などによって「変動金利」も「固定金利」も低い水準で推移しています。したがって、今は、新規の借り入れや、借り換えのチャンスだと考えていいでしょうが、金利タイプの特徴を理解した上で、リスクに配慮して選ぶ必要があります。

変動金利は年0.8%台も!

住宅ローンの変動金利型の金利は、日本銀行の政策金利である「無担保コールレート(オーバーナイト物)」の影響を強く受けます。政策金利が上がればローン金利も上がり、下がれば下がります。しかし、リーマン・ショック後の2008年12月以降、日銀は政策金利を変化させていません。それでも住宅ローンの変動金利型の金利はやや下落傾向を示しており、最近では優遇後の適用金利が年0.8%台のものまで出てきています。その背景には、金融機関同士の顧客獲得のための金利競争があるようです。

【参考リンク】
主要銀行住宅ローン変動金利

固定金利も下落!

住宅ローンの固定金利型の金利は、長期金利の影響を受けて決まります。長期金利の代表的な指標は新発10年物の国債の利回り(価格)。これが上がると銀行の貸し出し金利である「長期プライムレート」も上昇し、連動して住宅ローンの固定金利型も上がります。

最近の新発10年物の国債の利回りは、昨年10月の0.8%台を底に、今年3月~4月は1.3%台に上昇しました。しかしその後ふたたび、8月末には1.1%程度に下落しました。背景には世界景気の減速懸念があり、そのために比較的安全な資産である日本の国債が買われ、利回りが低下しています。長期金利の低下に伴って、大手銀行が提供する9月の固定金利期間3年~10年のローン金利も下がっています。

低金利の今は、住宅ローンを借りるチャンス!

変動金利、固定金利ともに金利が低い今は、新規で住宅ローンを借りたり、返済中のローンを借り換えるいいチャンスだということができます。

ただ、変動金利型は将来の金利変動の影響を受け、ローン金利が上がって返済額が増え、家計への負担が重くなる可能性があるため注意が必要です。金利が低いことをいいことに、家計にまったくゆとりがないギリギリの返済額を設定してしまうと、万が一金利がアップしたときの負担増に耐えられなくなるかもしれません。

将来、ある程度の金利が上昇することも想定したシミュレーションを行って、ゆとりを持った返済プランを立てましょう。

担当:中村 宏

連載バックナンバーファイナンシャルプランナーからのアドバイス

本コラムは、執筆者の知識や経験に基づいた解説を中心に、分かりやすい情報を提供するよう努めておりますが、その内容について、弊社が保証するものではございません。

  • 住宅ジャーナリスト山本久美子さんがお悩み解決!住宅ローンと購入資金にまつわるQ&A
  • ファイナンシャルプランナーからのアドバイス コラムを読む
  • ファイナンシャルプランナーが徹底解説!知っておきたい!住宅ローンテクニック コラムを読む
  • ファイナンシャルプランナーが伝えたい!お役立ちマネー講座~ コラムを読む
  • 住宅ローン分析の専門家が解説!~知っておきたい!住宅ローンの最新動向~ コラムを読む
  • 高田先生に聞く!住宅購入マネー事情 コラムを読む
自分にあった住宅ローンを選ぼう
生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション!
健太と美咲の住宅ローン奮闘記 目指せマイホーム・オーナー

住宅ローンの知識

お得なローンはどれ?
超便利な住宅ローン徹底比較一覧!


■目的から探す
■金融機関から探す

提供:イー・ローン

住宅ローンベスト金利一覧

変動 0.447% 詳細
固定3年 0.400% 詳細
固定5年 0.440% 詳細
固定10年 0.640% 詳細
全期間固定 1.060% 詳細

2018年12月04日 現在
提供:イー・ローン

住宅ローンページをご覧のみなさまへ

住宅ローンのことなら、野村不動産アーバンネットのノムコム。住宅ローンにまつわるネタをプロの視点から解説!ファイナンシャルプランナー(FP)からのアドバイス。ノムコムの住宅ローン。これで住宅ローンの情報はバッチリ!