• 相談室トップ
  • 基礎編
  • マンションの買い方・選び方編
  • リフォーム編
  • マネー編

基礎編

質問20

夫婦共有名義でマンションを購入しようと思いますが、持分の設定で気をつける点はありますか?

回答

共有名義で購入する場合、持分設定はローン支払いを含む各自が出資した金額の割合で登記するのが望ましいでしょう。例えば5,000万円のマンションを夫:2,500万円、妻:2,500万円出資の場合は夫:2,500/5,000=1/2、妻:2,500/5,000=1/2ずつとなります。出資した割合以上に持分を多くすると贈与税が発生することもあるため留意しなければなりません。

なお、共働きの夫婦の場合は共有名義にし、各々ローンを組むことで住宅ローン控除を2人で受けられます。但しその際、諸書類作成費用等が2倍かかることを忘れないようにしましょう。

また、預貯金で頭金を負担した妻は、その持分割合で共有名義人になるわけですが、残りの住宅取得資金を、夫が銀行などで住宅ローンを組む場合、銀行は共有者全員に連帯保証人になることを条件にするのが一般的です。これは、借入人が病気や失業などで、売却の必要性まで出てきたときは、共有者の合意が必要となるため。収入がない主婦でも、支払い義務のある連帯保証人になる必要がでてくることは念頭に入れてください。

基礎編トップに戻る