• 相談室トップ
  • 基礎編
  • マンションの買い方・選び方編
  • リフォーム編
  • マネー編

基礎編

質問10

一人住まいのため、防犯が心配です。購入するなら新築の方がいいのでしょうか?

回答

最近の新築マンションは防犯という観点からも、充実しています。エントランスはオートロックがあり、防犯カメラがエントランス、エレベータ内、その他、駐車場など敷地内に数箇所配置して不審者の侵入を予防しています。鍵はピッキングされにくいものを採用しています。異変があった際にはセキュリティ会社へにすぐに連絡が行くようなシステムが採用されているケースもあります。全てがこのような防犯対策がなされているとは限りませんが、新しいマンションの方が中古の物件よりも充実していることは多いと言えます。その点では新築マンションの方がお薦めかもしれません。

しかし、新しいマンションだから安心だというわけでもありません。防犯カメラやオートロックでも犯罪者の侵入を完全に防げる訳ではないことをしっかりと認識しましょう。

また中古のマンションでも、玄関の鍵を交換したり、セキュリティー会社の防犯システムを入れることができる場合もあります(※管理会社・管理組合の確認が必要です)。防犯という意味では、個別の部屋につけることの出来る防犯システムの方が、建物全体にかかるシステムを導入している新築マンションよりも、効果が高いのではないでしょうか。最近は取り付け費用もずいぶん安くなってきているようですので、心配な方にはお薦めです。

マンションでは、一般的に1階と最上階が、侵入という点で一層の注意が必要なようです。マンションをチェックする際に、屋上への階段の有無、屋上への登りやすさなどもチェックしてみると良いでしょう。屋上への出入り口がある場合は、扉の施錠の状態を確認しておきます。

最近建てられたマンションの方が防犯対策は充実していますが、決して十分とは言えませんので、油断しないようにしましょう。

基礎編トップに戻る