ロードサイド店舗運営
概要
メリット・デメリット

ロードサイド店舗運営について

立地を活かしてロードサイド店舗運営

幹線道路沿いの広い土地に最適

一定の広さを持った土地であっても、駅から遠い場合はアパートやマンションを建てても入居率が悪い可能性があります。しかし、幹線道路に面した、いわゆる「ロードサイド」の土地であれば、駐車場のついた大型店やファミリーレストランなどを誘致する形態は有望です。

建物賃貸のパターンと土地賃貸のパターンあり

ロードサイド店舗をつくる形態としては、

1.地主様の名前で建物を建て、その建物を賃貸するパターンと、
2.土地を貸して、テナントが建物を建てるパターン
の2種類があります。

建物を建てるパターンはさらに、

1(1)建築資金を地主様自らが調達するパターン
1(2)テナントが「建設協力金」という形で資金を拠出するパターン

に分かれます。
実務的には、建設資金の一部は地主様が調達し、残りをテナントからの建設協力金でまかなう「併用方式」も多く採られます。

1(1)地主様が自ら調達するパターン

地主様が金融機関から資金を借り受け、その資金で建物を建てます。
地主様はテナントから賃料を受け取り、その中から金融機関への元利返済を行います。

1(2)建設協力金方式

テナントから「建設協力金」を預かって、それを建設資金に充てます。 預かった建設協力金は、賃料と相殺する形で少しずつテナントに返還していきます。利息はつかないケースも多く、その場合は、地主様自ら資金調達する場合より負担が小さく済みます。

2 事業用借地権方式

地主様の資金負担を最大限抑えた方法として、「事業用借地権を設定して土地を貸す」方法があります。事業用借地権は「定期借地権」の一種で、10年以上20年以下の期間を設定して、土地を貸す契約です(契約終了後は、土地は更地として返ってきます)。建物を建てるのは借地権者であるテナントですので建築資金を用意する必要はありません。

ロードサイド店舗運営のメリット・デメリットは?

ページの上部に戻る

まずは査定価格チェックをしよう
不動産無料査定をスタート
査定したい不動産の所在地(郵便番号か都道府県)を入力してください
郵便番号を入力してください
郵便番号 例)1600023
都道府県を選択してください
査定スタート