住宅購入に関する意識調査アンケート - ノムコムby野村不動産 アーバンネット

不動産サイト nomu.com > 不動産購入に関する意識調査アンケート > 第1回調査結果

住宅購入に関する意識調査アンケート - ノムコムby野村不動産アーバンネット

震災による住宅購入意欲の変化について

Q1
震災の影響により、住宅購入の意欲に変化はありましたか?

住宅購入意欲について、震災の影響により「特に変化はない」が74.2%、「変化があった」が25.8%。東日本大震災より4カ月、社会情勢の不透明感が残る中、住宅購入に対する意欲の底堅さを裏付ける結果となった。

住宅購入意欲に特に変化はない 74.2%
「変化があった」と回答した方(25.8%)に対して
Q2
住宅購入の意欲にどのような変化がありましたか?
住宅購入の意欲にどのような変化がありましたか?
主な理由

積極的に探すようになった

  • 耐震性の高い家に住みたいため
  • 地盤のしっかりしたところに住みたい

購入意向はあるが、しばらく様子を見ることにした

  • 経済の先行きが不安なため
  • 景気を見極める必要があると思ったから
  • 福島原発が落ち着かないと先が見えない

住宅購入を見送ることにした

  • いつ大地震が起きるかわからない中、
    購入するのはリスクがあるため
Q3
震災の影響により、住宅購入の際に重視するようになった希望条件は何ですか?当てはまるものをお答えください。
震災の影響により、住宅購入の際に重視するようになった希望条件は何ですか?当てはまるものをお答えください。

震災の影響により、重視するようになった希望条件は、「地盤」84.5%、「建物構造(耐震性など)」77.4%が多数を占めており、「防災対策の充実」32.9%、「交通アクセス(通勤・通学時間等)」32.7%が続く。住まいに対して、安全・安心を重視する傾向が強くなっていると言える。

重視するようになった希望条件

地盤 84.5%

建物構造(耐震性など) 77.4%

防災対策の充実 32.9%

交通アクセス 32.7%

不動産の買い時感について

Q4
今、不動産は買い時だと思いますか?
、不動産は買い時だと思いますか?

「買い時だと思う」「どちらかと言えば買い時だと思う」を合わせた約半数の47.6%が購入タイミングに肯定的な回答。特に、男性では50.7%が買い時と回答しており、女性の41.6%に比べて高い傾向を示している。

不動産は買い時だと思う 47.6%

男性に絞ると 50.7%

「買い時だと思う」と回答した方(47.6%)に対して
Q5
買い時だと思う理由は何ですか?
買い時だと思う理由は何ですか?

買い時と判断する理由については、「住宅ローン金利が低水準」が最も多く66.8%、「物件価格が落ち着いている(割安感がある)」50.9%、「今後、消費税が引き上げられる可能性がある」43.8%と続く。

住宅ローンの金利が低水準 66.8%

物件価格が落ち着いている 50.9%

消費税が引き上げの可能性 43.8%

「買い時だと思わない」と回答した方(24.0%)に対して
Q6
どうすれば買い時になると思いますか?
どうすれば買い時になると思いますか?

買い時だと思わない回答者への「どうなれば買い時になると思うか」という設問に対しては、「景気や社会情勢が落ち着いたら」の回答が50.1%と最も多い結果に。個人的な問題より、社会全体の不透明感や漠然とした将来不安の解消が、マインド回復に繋がると推測される。

景気や社会情勢が落ち着いたら 50.1%

Q7
今後、不動産の価格はどうなると思いますか?
住宅購入の意欲にどのような変化がありましたか?

今後の不動産価格については、「横ばいで推移すると思う」が最多の45.2%。「上がると思う」14.8%、「下がると思う」25.2%という結果に。

不動産価格は横ばいで推移すると思う 45.2%

購入希望物件や住みかえ意向について

Q8
不動産の購入を検討する場合の物件種別は何ですか?
不動産の購入を検討する場合の物件種別は何ですか?

購入を検討する種別については、「マンションを検討する」が45.8%、「一戸建てを検討する」が38.8%。

Q9
不動産の購入を検討する場合、新築・中古のこだわりはありますか?
不動産の購入を検討する場合、新築・中古のこだわりはありますか?

新築・中古のこだわりについては、「どちらでも検討できる」が67.2%、「新築のみ検討する」が23.6%、「中古のみ検討する」が9.2%。

Q10
不動産を購入した場合、その後の住みかえ意向はありますか?
不動産を購入した場合、その後の住みかえ意向はありますか?

購入後の住みかえ意向については、「ライフステージに合わせて住みかえたい」が51.1%、「永住したい」が43.9%となった。

Q11
購入した物件から次に住みかえる際、物件の種別はどのようにしたいとお考えですか?
購入した物件から次に住みかえる際、物件の種別はどのようにしたいとお考えですか?

購入した物件から次に住みかえる際の希望物件は、左グラフの回答となった。

65歳以上に絞ると、「一戸建てからマンションに住みかえたい」が51.7%と高い回答結果となった。

回答者のプロファイル

年齢
年齢
年齢
年齢

調査概要

調査時期 :

2011年7月1日(金)~7月7日(木)

調査対象 :

不動産情報サイト「ノムコム」PC会員

有効回答数 :

2,119 件

調査方法 :

インターネット上でのアンケート回答


※本アンケートを転載したい、複写したい等、ご利用に関するお問い合わせは、野村不動産アーバンネット経営企画室へお願いします。

この調査はニュースリリースでもご覧いただけます。(PDFファイル)

不動産知識

ご売却サポート

不動産無料査定

カンタン入力で概算
価格をお知らせ。

スピード売却査定
なるべく早く不動産を売却したい方へ。
買取価格をお知らせします。
売却に関するご相談
不動産についてのお悩みを
お気軽にご相談ください。

野村不動産アーバンネット 店舗のご案内

店舗一覧(案内図)

顔写真・所有資格付きで スタッフもご紹介