不動産投資・収益物件 > 不動産投資に関する意識調査 > 第7回 調査結果1 投資用不動産の買い時感や不動産価格動向など

不動産投資家の実態に迫る!不動産投資に関する意識調査

第7回 不動産投資に関する意識調査

  調査時期2015年5月20日(水)~5月26日(火)

  • 調査結果1 投資用不動産の買い時感や不動産価格動向など
  • 調査結果2 投資用物件の保有者に対するアンケート
  • 調査結果3 これからの購入意向について
  • 調査結果4 相続税対策について
調査結果1 投資用不動産の買い時感や不動産価格動向など

買い時感は下がったが、購入意向は高い

今、投資用物件は買い時だと思いますか。

投資用物件の買い時感については、「買い時だと思う」「間もなく買い時が来ると思う」を合わせると56.3%で半数以上が買い時と回答、「買い時だと思う」が1年前の前回調査に比べ2.2ポイント減少し40.1%、「買い時はしばらく来ないと思う」が前回調査より2.3ポイント増加し43.6%という結果となった。

[グラフ]投資用不動産は「買い時だと思う」40.1%

回答理由(フリーコメント)※一部抜粋

買い時だと思う理由

  • 金利が低いため
  • 金融機関が融資に積極的なため
  • オリンピック効果が期待できる

間もなく買い時が来ると思う理由

  • オリンピック前に調整局面に来ると思うから
  • 売り物件が増え、買い手市場が来ると思う

買い時はしばらく来ないと思う

  • 価格が上昇しているから
  • 人口減少社会であるため

1年後、不動産価格はどうなると思いますか。

1年後の不動産価格の予測は、「上がる」が55.6%と前回調査に比べ4.1ポイント増加、「下がる」の9.8%を大きく上回り、不動産価格は「上がる」と半数以上の方が予測している結果となった。

[グラフ]1年後、不動産価格は「上がる」55.6%

回答理由(フリーコメント)※一部抜粋

上がる理由

  • アベノミクス、日銀金融緩和の継続によりインフレ傾向がつづく
  • オリンピックまでは緩やかに上昇すると思う
  • 海外からの投資が増える

下がる理由

  • 人口が減少しているから
  • 価格上昇が落ち着くと思う

横ばいで推移する理由

  • 地域間格差が広がり、全体としては横ばい
  • オリンピックまでは横ばいで推移すると思う

1年後、不動産投資に対する融資(ローン)金利はどうなると思いますか。

「金利は上がると思う」が26.4%と前回調査から10.7ポイント減少した一方、「ほとんど変わらないと思う」が前回より10.6ポイント増加し、70.1%という結果となった。

[グラフ]不動産投資に対するローン金利「ほとんど変わらないと思う」70.1%

この先の1年間で投資をしたい投資商品はありますか。(複数回答)

この先の1年間で投資をしたい投資商品については、「不動産投資」が66.1%、「株式(日本株・外国株)」が47.6%、「REIT(不動産投資信託)」が25.8%という結果となった。
また、「海外不動産投資」という回答は11.4%になった。

[グラフ]この先1年間で投資したい商品「不動産投資」66.1%

次のページ

調査概要

  • 調査時期 2015年5月20日(水)~5月26日(火)
  • 調査対象 投資用不動産サイト「ノムコム・プロ」会員 (会員数 約19,000人 ※2015年5月時点)
  • 有効回答数 511人(投資物件の保有者:358 人、非保有者:153 人)
  • 調査方法 インターネット上でのアンケート回答
  • ※本アンケートを転載したい、複写したい等、ご利用に関するお問い合わせは、野村不動産アーバンネット経営企画室へお願いします。

PDFファイルを開きます この調査はニュースリリース(PDFファイル)でもご覧いただけます。

Get Adobe Reader

PDFをご覧いただくためには、Adobe社の最新の 「Adobe Reader」 が必要です。
最新Adobe Readerは左のアイコンを クリックしてダウンロードしてください。

不動産投資に関する意識調査トップへ戻る

不動産査定・売却のご相談・ご質問はこちらまで

収益物件の現金化、組み替えなどをサポートいたします。

  • 査定依頼

希望の条件を指定して、物件を探す!

投資用物件は続々掲載中!

  • 建物を検索する
  • 土地を検索する

ページの先頭へ

不動産投資セミナー(参加無料)詳しくはこちら!
野村の仲介+(PLUS)の「不動産セミナー」体験レポート
ノムコム サポートデスク ご相談・お問い合わせ 0120-065-614 (受付時間 平日 9:30~18:10)
メールマガジンバックナンバーはこちら