不動産投資・収益物件 > 不動産投資ガイド > 不動産投資の基本 Q7

はじめての方でも安心 不動産投資ガイド

Q7.投資物件の「地域」による特徴はなんですか?

A7.都市部は高い家賃収入が望めますが、購入金額が高く、競争も激しいです。地方の物件は、周辺環境などの調査が求められます。

「需要」も「供給」も多い都市部

不動産投資は、「住居を提供する事業」です。「需要」は当然、「人口(特に若年層)が増える」「世帯数が増加する」地域のほうが多くなります。
通常、都市部のほうが、「需要増加」は見込みやすいでしょう。過疎化が進むような地域では当然、空室が多く発生してしまいます。実際、都市部のほうが賃貸住宅は多く存在します。

ただ、「需要」は確かに多いものの、「供給」も多いので、当然、競争は激しくなります。しかも近年、マンション建設が高水準で推移したため、「供給過剰」となっている都市もあります。物件そのものの「競争力」が重要になります。

地方の物件は「周辺環境の変化」に注意

地方の物件は、一般に都心部の物件よりも安く買えます。しかし家賃は、物件の価格差ほどの差がありませんので、高い利回りが期待できる、魅力的なものも多いです。
もちろん、過疎化が進んでいるような地域であれば投資対象として考えにくいですが、「大きな駅に近い」「大学が近い」といったものであれば、十分、検討に値するでしょう。

ただ、そういった情報をもって「実際に物件を見ることなく」投資を決めてしまうのは問題です。後になって「近くに新築マンションができて、入居者を奪われている」「近隣に大学があり、学生の入居者が安定しているが、近い将来、校舎が移転することになっている」といった事実がわかることもあります。
地方の物件は、なかなか現地調査がしづらいところがありますが、投資を行う前にきちんと情報収集をしておくのが望ましいと言えます。

中古マンションへの投資の特徴を教えてください

不動産投資には多額のお金が必要なんですか?

不動産投資セミナー(参加無料)詳しくはこちら!
野村の仲介+(PLUS)の「不動産セミナー」体験レポート
ノムコム サポートデスク ご相談・お問い合わせ 0120-065-614 (受付時間 平日 9:30~18:10)
メールマガジンバックナンバーはこちら