暮らしのマナー

バックナンバー

結婚式でのお祝い金の包み方 人生最大のお祝い事、結婚式。おめでたい行事にふさわしい華麗な祝儀袋で。

裏側のたたみ方
おめでたい結婚式などの祝儀では下側が上になるように折り返します。ちなみに、弔事の場合は逆になります。

知っておきたいお祝い金の目安

新しい門出を祝うという意味から、結婚式には新札を入れるのが常識になっています。さらに、向きをキレイにそろえて中袋を入れれば、より完璧です。お祝い金の目安は、割り切れる偶数は避けるのがマナーでした。でも、最近は、「2」は1対で夫婦につながると考えて気にせず使っているケースが多いようです。ただし「4」と「9」はNGです。金額を決めるときは、下の表を参考にしてみてください。

祝儀袋の選び方と金額

文房具店やデパートでは立派な水引の袋から簡易な袋まで、いろいろなデザインの祝儀袋が売られています。少額の場合は簡易な略式の袋でも構いませんが、高額の場合は袋も豪華にしないと不自然です。3万円程度を包む場合を基準に、祝儀袋を選んでみましょう。

お祝い金を贈るときのマナー

会費制の披露宴の場合は原則として引き出物は出ません。会費以外のお祝い金や品物は贈る必要がないので、会費も祝儀袋には入れず、財布からそのまま出して受付で支払います。また、想像以上に豪華な披露宴だった場合、思わず、お祝い金を追加したくなりますが、基本的に一度渡した祝儀を追加することはできません。

  • 夫婦で贈るときは、旦那様のフルネームを右に、奥様のフルネームか名前を左に書きましょう。
  • 4名以上の連名で贈るときは、グループ名に「有志」、あるいは代表者名に「外一同」と添えて、別紙に個人名を列記して同封します。
  • グループで贈るときは、3名までフルネームを列記して目上から、または五十音順に右からにします。

披露宴出席者の金額の目安
上司 3万円~5万円
同僚 2万円~3万円
部下 2万円~3万円
兄弟・姉妹 3万円~10万円
おじ・おば 5万円~10万円
いとこ 3万円~5万円
そのほかの親戚 3万円~10万円
友人・知人 2万円~3万円
隣・近所の人 2万円~3万円
披露宴欠席者の金額の目安
上司 1万円
同僚 3千円~1万円
部下 5千円~1万円
兄弟・姉妹 1万円~5万円
おじ・おば 1万円
いとこ 1万円~3万円
そのほかの親戚 1万円
友人・知人 5千円~1万円
GO PAGE TOP