アイデア手引き帖

バックナンバー

洗濯上手

そろそろ衣替えのシーズン。冬物は一度キレイに洗濯してから収納しましょう。今回は簡単なシミ抜きテクを紹介します。

やっちゃった!でも焦らないシミ抜き上手で洗濯上手。

 食べこぼしや化粧品、ボールペンのインクなど、うっかりつけてしまって、そのままシミになってしまったことはありませんか。冬の衣類はジャケットやセーターなどデリケート素材のものが多く、汚してしまったと思ってもすぐさま洗濯機に入れるのには少々抵抗があるかもしれません。しかし、その後クリーニングに出すにしろ、シミがついてしまったと思ったら、できるだけ早くその場で適切な応急処置をしておくことが、シミを残さないポイント。また、シミの種類によって処置も異なってくるので、まずはシミの種類が何なのかを知って、それにあった処置をすることが大切です。基本的なシミのとり方としては、水や洗剤を含ませて上からたたき、下に当て布をしてシミを吸わせる方法があります。外出先などで、洗剤が無い場合でも、できるだけこぼしたものをハンカチ等で吸いとるようにして処置しておきましょう。今回はついうっかりつけてしまったシミの応急処置方法と、自宅にあるもので簡単につくれるシミ抜きグッズをご紹介します。冬の汚れは来期に持ち越さず、春には気持ち良く衣替えをしましょう。

シミ抜きマニュアル シミを徹底解明。シミの見分け方と応急処置
そのシミは水性?それとも油性?
シミがついてから時間が経ってしまって、何のシミか分からないものには、シミの上から水を一滴たらしてみましょう。水がしみ込んだら水性、弾くようなら油性のシミです。
外出先でもこれで一安心。ラクラク応急処置。
水性のシミ
果汁、お酒、コーヒーなどの水性のシミは、ぬらしたティッシュやハンカチなどを使用して、水分が乾かないうちにできるだけ吸いとるようにして拭きとります。
油性のシミ
ファンデーション、カレーやミートソースなどの食べこぼし。これら油性のシミはティッシュなどでつまむようにして拭き取ってから、乾いたハンカチでまわりの油を吸いとるのが効果的。
便利なシミ抜きグッズを手づくりしよう。
  • シミ抜きパッド
    ガーゼのハンカチを2枚用意し、1枚に手のひら大のコットンを包み、それをもう1枚のハンカチで持ちやすくして包みます。広範囲にわたるシミにはパッドで対応しましょう。
  • シミ抜き綿棒
    ガーゼのハンカチにコットンパフを盛り、割り箸を差し込んだら、根元をたこ糸などでしっかりとしばります。使うときは、ガーゼ部分を水で湿らせて、回しながらシミを叩きます。
GO PAGE TOP