不動産サイト nomu.com > 不動産ニュース > 住宅金融支援機構フラット35金利、5カ月ぶりに下落

不動産ニュース Pick-up

住宅金融支援機構フラット35金利、5カ月ぶりに下落

2018年12月06日

住宅金融支援機構が公表したフラット35取扱金融機関が適用する12月の融資金利は、フラット35(買取型)の「返済期間21年以上」(融資率9割以下)の融資金利幅が1.41~2.07%(前月1.45~2.07%)。取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、0.04ポイント下落の1.41%となった。再頻金利は5カ月ぶりに下落した。

また、「返済期間21年以上」で融資率9割超の場合の融資金利幅は1.85~2.51%(前月1.89~2.51%)。取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、0.04ポイント下落の1.85%となり、5カ月ぶりに下落した。

(提供:日刊不動産経済通信)

  • ノムコム会員

不動産知識

ご売却サポート

不動産の査定に関する情報はこちら

不動産無料査定

カンタン入力で概算
価格をお知らせ。