金利引き下げ(どちらのタイプを選んだらよい?)|住宅ローンを選ぼう - ノムコムの住宅ローン

不動産サイト nomu.com > 住宅ローントップ > 自分にあった住宅ローンを選ぼう > 金利引き下げ

自分にあった住宅ローンを選ぼう
  • 物件購入予算を出そう!
  • 住宅ローンについて知ろう!
  • 繰上返済とは?

金利引き下げ

STEP2 どちらのタイプを選んだらよい?

例えば、同じ10年固定でも、上記のような2つのタイプはどちらを選んだら良いのでしょうか?
35年返済と20年返済の場合で比較してみましょう。

借入額3,000万円、35年返済の場合

当初店頭金利3.2%、11年目以降店頭金利4.0%の場合で試算
  A全期間一律引き下げタイプ B当初固定期間引き下げタイプ
当初10年間 金利 引き下げ幅-1.8%
適用金利1.4%
引き下げ幅-2.2%
適用金利1.0%
毎月返済額 90,392円 84,685円
11年目以降 金利 引き下げ幅-1.8%
適用金利2.2%
引き下げ幅-1.4%
適用金利2.6%
毎月返済額 99,175円 101,942円
総返済額 約4,060万円 約4,074万円

借入額3,000万円、20年返済の場合

当初店頭金利3.2%、11年目以降店頭金利4.0%の場合で試算
  A全期間一律引き下げタイプ B当初固定期間引き下げタイプ
当初10年間 金利 引き下げ幅-1.8%
適用金利1.4%
引き下げ幅-2.2%
適用金利1.0%
毎月返済額 143,388円 137,968円
11年目以降 金利 引き下げ幅-1.8%
適用金利2.2%
引き下げ幅-1.4%
適用金利2.6%
毎月返済額 149,101円 149,183円
総返済額 約3,510万円 約3,446万円

35年返済 → 「全期間一律引き下げタイプ」の方が有利

20年返済 → 「当初固定期間引き下げタイプ」の方が有利

ただし返済期間や金利差により、結果は異なります。また、ライフプランによっては、例えば、この10年間は教育費がかかるから返済額を抑えたいと考えれば、総返済額よりも、当初10年間の金利が低いものを選んだ方が家計収支は楽になります。

総返済額を重視するのか、今の返済額もしくは将来の返済額を重視するのかによっても、選ぶべきタイプは異なります。自分のケースでより使いやすい方を選ぶと良いでしょう。
総返済額を重視するのか、今の返済額もしくは将来の返済額を重視するのかによっても、選ぶべきタイプは異なります。自分のケースでより使いやすい方を選ぶと良いでしょう。
前へ

自分にあった住宅ローンを選ぼうTOPへ

  1. 新築マンション
  2. 中古マンション
  1. 新築一戸建て
  2. 中古一戸建て
  3. 土地
生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション!
健太と美咲の住宅ローン奮闘記 目指せマイホーム・オーナー

住宅ローンの知識

お得なローンはどれ?
超便利な住宅ローン徹底比較一覧!


■目的から探す
■金融機関から探す

提供:イー・ローン

住宅ローンベスト金利一覧

変動 0.415% 詳細
固定3年 0.390% 詳細
固定5年 0.450% 詳細
固定10年 0.580% 詳細
全期間固定 0.720% 詳細

2019年08月16日 現在
提供:イー・ローン

住宅ローンページをご覧のみなさまへ

住宅ローンのことなら、野村不動産アーバンネットのノムコム。返済計画の試算や借り入れにかかる諸費用、金利タイプなど知っておきたい住宅ローンの基礎知識をまとめました。