不動産サイト nomu.com > 住宅ローン > 住宅ローンコラム > 高田先生に聞く!住宅購入マネー事情 > 2009年からの住宅ローン減税はどうなる?
住宅ローンコラム 高田先生に聞く!住宅購入マネー事情

2009年からの住宅ローン減税はどうなる?

2009年01月06日

与党による税制改正大綱が発表され、一番の目玉として住宅ローン減税の大幅拡充が組み込まれました。
2008年入居まで、という触れ込みで続いてきた住宅ローン減税。景気が順調に回復すれば、延長はなかったと思われますが、急激な景気悪化も受けて、2009年入居分からは拡充して継続される予定です。
注) 下記は、2008年12月に発表された与党の税制改正大綱より作成しています。正式には、2009年春頃、国会通過後に決定となります。

2008年の住宅ローン減税

2008年に入居した人が受けられる住宅ローン減税は、次のような内容となっていました。
入居年対象となる年末残高の限度額控除率最高控除額
(累計)
2008年 2,000万円 (10年間控除の場合)
1~6年目 1.0%
7~10年目 0.5%
160万円
(15年間控除の場合)
1~10年目 0.6%
11~15年目 0.4%
160万円
対象となるのは2,000万円が限度、かつ、控除率も7年目からは0.5%となるため、最高でも控除額の累計は160万円というものでした。なお、2007年、2008年入居の場合には、住民税からの控除はできないため、所得税が少なく、控除しきれない場合には、控除期間15年を選択することも可能です。この場合の控除率は異なりますが、最高控除額は同じく160万円となります。

2009年からの住宅ローン減税の内容は?

一般住宅の場合
2009年から2013年の間に入居した住宅にかかる住宅ローンについて、10年間、年末の住宅ローン残高の1.0%が所得税から控除されます。対象となる年末住宅ローン残高が、入居年によって異なります。
入居年対象となる年末残高の限度額控除率最高控除額
(累計)
2009~2010年 5,000万円 1.0% 500万円
2011年 4,000万円 1.0% 400万円
2012年 3,000万円 1.0% 300万円
2013年 2,000万円 1.0% 200万円
長期優良住宅の場合
耐震性、省エネ性能が高く、耐久性にすぐれ、一般の住宅よりも寿命が長い長期優良住宅(長期優良住宅の普及の促進に関する法律で規定されている)の場合には、10年間で最高600万円の控除が受けられます。控除率は、居住年によって下記のとおり異なります。
入居年対象となる年末残高の限度額控除率最高控除額
(累計)
2009~2011年 5,000万円 1.2% 600万円
2012年 4,000万円 1.0% 400万円
2013年 3,000万円 1.0% 300万円

執筆者:高田 晶子(たかだ あきこ)

株式会社マネーライフナビ取締役。
ファイナンシャルプランナー(一級FP技能士)、宅地建物取引主任者、信託銀行不動産部勤務、 不動産コンサルティング会社を経て、1996年にFPとして独立、2010年より現職。 家計全般、保険の見直し、住宅購入など個人向け相談を中心に、 執筆、マネーセミナー、マネーコンテンツの制作等を行う。

連載バックナンバー高田先生に聞く!住宅購入マネー事情

本コラムは、執筆者の知識や経験に基づいた解説を中心に、分かりやすい情報を提供するよう努めておりますが、その内容について、弊社が保証するものではございません。

  • ファイナンシャルプランナーが徹底解説!知っておきたい!住宅ローンテクニック コラムを読む
  • ファイナンシャルプランナーからのアドバイス コラムを読む
  • 住宅ジャーナリスト山本久美子さんがお悩み解決!住宅ローンと購入資金にまつわるQ&A
  • ファイナンシャルプランナーが伝えたい!お役立ちマネー講座~ コラムを読む
  • 住宅ローン分析の専門家が解説!~知っておきたい!住宅ローンの最新動向~ コラムを読む
  • 高田先生に聞く!住宅購入マネー事情 コラムを読む
自分にあった住宅ローンを選ぼう
生涯賃金から考えるライフプランシミュレーション!
健太と美咲の住宅ローン奮闘記 目指せマイホーム・オーナー

住宅ローンの知識

お得なローンはどれ?
超便利な住宅ローン徹底比較一覧!


■目的から探す
■金融機関から探す

提供:イー・ローン

住宅ローンベスト金利一覧

変動 0.447% 詳細
固定3年 0.390% 詳細
固定5年 0.440% 詳細
固定10年 0.590% 詳細
全期間固定 0.960% 詳細

2019年02月08日 現在
提供:イー・ローン

住宅ローンページをご覧のみなさまへ

住宅ローンのことなら、野村不動産アーバンネットのノムコム。住宅購入マネー事情。ファイナンシャルプランナー高田晶子先生がお届けするお役立ちコラム。これで住宅ローンの情報はバッチリ!