不動産サイト nomu.com >  不動産コラムトップ  >  Vol.244
不動産コラム 地価や不動産の法律・税制、時事の話題などの情報を、さまざまな視点から解説・紹介しております。
コラムトップ 不動産価格 税金 法律・制度 社会動向 その他の話題
バックナンバー一覧
2011.9.6:Vol.244社会動向

年齢によるインターネットの利用率と住宅購入

総務省では、毎年5月インターネットの普及に関する調査をおこなっています。これによると、平成22年の一年間でインターネットを利用したことのある人は、推計で9,462万人と人口の78%にあたる人が利用しているという結果が公表されています。すでにテレビに近い普及率と言っても過言ではない程のインターネット利用について、特に高年齢層の利用率に変化が見られます。

  • 総務省の調査報告によると、インターネットの年齢階級別利用率の推移は、60歳以上での増加傾向があり、特に65 歳以上の年齢階級では、この2年でかなり増加している事が示されています(図1参照)。さらに男女別では高齢になるほど男性の利用率が高くなっています。
    また、1)所属世帯年収別にみると、所得の高い世帯ほど利用率が高くなっていること、2)都道府県別にみると、大都市のある都道府県を中心に利用率が高く、神奈川県、東京都、京都府、大阪府、愛知県、奈良県及び滋賀県では、利用率が80%以上となっており、地域による差があることが示されています。
  • 一方、当社野村不動産アーバンネットを仲介会社として住宅購入された個人のお客様のうち、インターネット利用をきっかけとして当社へコンタクトいただいたお客様の割合を年齢区分別に表してみたものが下記のグラフ(図2)になります。
  • 個人の方が住宅を購入される際には、もちろんインターネットだけでなく、その他の媒体やご紹介などをきっかけとして情報にアクセスされるため、60歳位までの方の場合、一般的インターネット利用率にくらべ住宅購入いただいた方のネット経由割合はやや低くなっていますが、60歳を超えた年齢層の方の場合、総務省の調査における各年代別の利用率に近い割合で、インターネットによる情報認知を経て住宅購入されています。
  • 年々、インターネットの利用は普及し、また、今まで当たり前のようにネット利用してきた方々が高年齢化する時代になり、住宅の購入という最も高額な商品においても、このインターネットから情報を取得することが当然という時代になりつつあると言えそうです。
    (担当:池田 徹)
ページの先頭へ