ノムコム60→ >「定年退職後の夫婦の生活」意識調査アンケート結果発表

50代60代のサラリーマン・元サラリーマン世帯、男女2,060人に聞きました 「定年退職後の夫婦の生活」意識調査

現在の50代・60代は、定年後にどのように備えているのか、長くなった定年後のセカンドライフをどのようにイメージしているのか、サラリーマン・元サラリーマン世帯(妻は専業主婦またはパート・アルバイト)の50代60代夫婦を対象に、調査を実施しました。

<定年退職前の50代60代夫婦に聞きました>

あなたは、定年退職後の具体的なライフプラン(人生設計)のイメージをお持ちですか。

夫の37.5%が定年退職後のライフプランのイメージを持っている一方、妻では、イメージを持っているという回答は27.5%となりました。

ライフプラン(人生設計)のイメージのグラフ

定年退職後の具体的なライフプランのイメージを持っている 夫37.5%>妻27.5% 夫の方が10.0ポイント高い

<定年退職前50代60代夫婦に聞きました>

定年退職後の生活についてどのようなイメージをお持ちですか。(いくつでも)

定年退職後の生活イメージについて、上位10位までの回答は以下の通りでした。

1位 夫婦で一緒に過ごす時間が増えそう
2位 病気や体力の衰えなど健康面での不安が増えそう
3位 年金の支給額への不安がありそう
4位 生活リズムが変化しそう
5位 生活費や医療費など経済面での負担が増えそう
6位 漠然とした不安がありそう
7位 夫婦で旅行に行く機会が増えそう
8位 夫婦の会話が増えそう
9位 仕事や家事ではなく、自分の趣味や楽しみを第一に生活を送れそう
10位 健康寿命をのばす様々な取り組みを始めそう

また、夫婦で夫と妻の差を比較したところ、ポジティブな回答項目では14項目中13項目で、妻よりも夫の方が多い結果となりました。
夫は、妻よりも定年退職後の生活をポジティブにイメージしていると言えます。

特に大きな差がみられたのが、「自分」に関する項目です。
定年後「自分の趣味や楽しみを第一に生活を送れそう」は、夫の48.5%がイメージしているのに対し、妻は27.7%となり、「自分の夢や目標に思う存分チャレンジできそう」は、夫37.2%がイメージしているのに対し、妻は18.6%となりました。

定年退職後の生活のイメージ ポジティブな回答のグラフ

自分の趣味や楽しみを第一に生活を送れそう 夫48.5%>妻27.7% 夫の方が20.8ポイント高い、自分の夢や目標に思う存分チャレンジできそう 夫37.2%>妻18.6% 夫の方が18.6ポイント高い

定年退職後の生活 夫は妻よりもポジティブなイメージを持っている

ネガティブな回答項目では、16項目中2項目を除いた14項目で夫よりも妻が多いという結果になりました。
妻は夫よりも、定年退職後の生活にネガティブなイメージを持っていると言えます。

特に大きな差がみられたのが、「介護」や「健康」に関する項目です。
「親の介護など時間が増えそう」、「病気や体力の衰えなど健康面での不安が増えそう」という項目では、夫より妻の方が多くイメージしています。

長いサラリーマン生活から一転、新たな生活への期待感を感じている夫に対し、妻は、より現実的な心配事が頭に浮かんでいるようです。

さらに、妻では、「漠然とした不安がありそう」が60.2%となり、これまでの日常に『夫』が加わってくることでの変化が想像できず、戸惑っていることがうかがえます。

定年退職後の生活のイメージ ネガティブな回答のグラフ

親の介護などの時間が増えそう 夫23.9%<妻40.0% 妻の方が16.1ポイント高い、病気や体力の衰えなど健康面での不安が増えそう 夫57.4%<妻71.2% 妻の方が13.8ポイント高い、漠然とした不安がありそう 夫48.9%<妻60.2% 妻の方が11.3ポイント高い

定年退職後の生活 妻は夫よりもネガティブなイメージを持っている

調査概要

調査時期 : 2015年10月30日~ 2015年11月01日
調査対象 : 首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、関西圏(大阪、兵庫、京都)に在住のサラリーマン・元サラリーマン世帯(妻は専業主婦、またはパート・アルバイト)の50代60代夫婦
有効回答数 : 2,060人
調査方法 : インターネット上でのアンケート回答

※本アンケートを転載したい、複写したい等、ご利用に関するお問い合わせは、ニュースリリースに記載の野村不動産アーバンネット経営企画室までお願いします。

この調査はニュースリリースでもご覧いただけます。(PDFファイル)

ノムコム60TOPへ