ノムコム60→ > 相続・贈与 > 相続税の知識 > 相続税はどのくらいかかるか

相続税の基礎知識相続税はどのくらいかかるか

 気になる相続税額は、いったいいくらぐらいになるのでしょうか。相続税の計算の仕組みについて見ていくことにしましょう。

納付税額の計算の仕組み

STEP1  遺産総額の計算

 遺産総額は、被相続人から相続(遺贈を含む)したすべての財産を金銭で評価し、これを合計して求めます。

STEP2  正味の遺産額の計算

 遺産総額から非課税財産、被相続人の債務、葬式費用の額を差し引き、正味の遺産額を算出します。

非課税財産とは?

非課税財産とは以下のことを指します。

  1. 墓所、仏壇、祭具
  2. 国や地方公共団体、特定の公益法人に寄付した財産
  3. 生命保険金のうち 500万円×法定相続人数 まで
  4. 死亡退職金のうち 500万円×法定相続人数 まで

STEP3  課税遺産額の計算

 正味の遺産額から基礎控除の額を控除し、課税遺産額(合計額)を計算します。

【基礎控除について】
3,000万円+600万円×法定相続人の数

※『法定相続人数」には相続放棄した人も含まれます。

STEP4  相続税の総額の計算

 法定相続人のそれぞれが法定相続分に従って課税遺産額を分割したものと仮定して、各相続人の取得額を算出し、それに対応する税額を求めます。各人の相続税額の合計が相続税の総額になります。

妻と子供2人の場合

相続税の速算表

各相続人の課税遺産額 税率 控除額
1,000万円以下 10%
1,000万円超~3,000万円以下 15% 50万円
3,000万円超~5,000万円以下 20% 200万円
5,000万円超~1億円以下 30% 700万円
1億円超~2億円以下 40% 1,700万円
2億円超~3億円以下 45% 2,700万円
3億円超~6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

たとえば、3,000万円に対する税額は、
3,000万円×15%-50万円=400万円

STEP5  各相続人の税額の計算

 相続税の総額を各相続人が実際に取得した財産の課税価額であん分して、各相続人の税額を算出します。

STEP6  各相続人の納付税額の計算

 各相続人の税額から控除や加算を行って、実際に納付する税額を算出します。

相続税の税額から控除できるもの

  1. 贈与税額控除

     相続開始の日前3年以内に、被相続人から贈与された財産は相続財産に加算されて、相続税の対象になりますが、すでに納付した贈与税額のうち、一定の金額が相続税額から控除されます。

  2. 配偶者の税額軽減

     下のa、bの算式で求められる金額のうち、少ない方の金額が税額から差し引かれます。

  3. 未成年者控除

     財産を取得した人が、法定相続人でかつ未成年者である場合には、その人が20歳に達するまでの年数(1年未満の端数があるときは1年)の、10万円/年を税額から控除します。

  4. 障害者控除

     財産を取得した人が、法定相続人でかつ日本国内に住所のある障害者であるときは、85歳に達するまでの年数につき10万円/年(特別障害者は20万円)を税額から控除します。

  5. 相次相続控除

     被相続人が亡くなる日前10年以内に相続税を支払っているような場合には、同一財産について相続税が二重にかかることになるので、相続税の一部を控除してもらえることになっています。

  6. 在外財産に対する相続税控除

     外国にある財産を相続したような場合には、外国で支払った相続税は一定部分の金額が控除されます。

養子には人数制限があります

 養子も民法上の法定相続人ですから、その数が多ければ多いほど、基礎控除、生命保険金や死亡退職金の非課税限度、相続税の総額を計算する場合に有利となります。しかし、養子については、次のように「法定相続人の数」が制限されていますので注意しなければなりません。

  1. 被相続人に実子がある場合または被相続人に実子がなく、養子の数が1人である場合 1人
  2. 被相続人に実子がなく、養子の数が2人以上である場合 2人

 なお、民法に規定する特別養子縁組による養子となった者、被相続人の配偶者の実子で被相続人の養子となった者、代襲相続人は実子とみなされます。

ケーススタディ

相続人の協議による場合の事例で実際に相続税の計算をしてみましょう!

STEP 1  遺産総額の計算

STEP 2  正味の遺産額の計算

STEP 3  課税遺産額の計算

STEP 4  課税遺産額の計算

STEP 5  各相続人の税額の計算

※本事例では、生命保険金、退職金の非課税部分は各相続人が取得する割合で使ってます。
実際の申告に当たっては、適切な専門家にご相談されることをお勧めいたします。

STEP 6 各相続人の納付税額の計算

相続税(総額)の早見表

遺産額 相続人
配偶者だけ 配偶者と
子供1人
配偶者と
子供2人
配偶者と
子供3人
配偶者と
子供4人
2億円 0 16,700 13,500 12,175 11,250
3億円 0 34,600 28,600 25,400 23,500
4億円 0 54,600 46,100 41,550 38,500
5億円 0 76,050 65,550 59,625 55,000
6億円 0 98,550 86,800 78,375 73,750
7億円 0 122,500 108,700 98,850 93,000
10億円 0 197,500 178,100 166,350 156,500
15億円 0 328,950 303,150 285,000 272,000
20億円 0 466,450 434,400 411,825 395,000

(単位千円)

※1:遺産額は基礎控除前の金額である
2:子供はいずれも成人に達しているものとした。
3:配偶者は、法定相続分を相続するものとした。
4:配偶者の税額からは、配偶者の税額軽減額が控除されている。

関連リンク

相続税を減らす生前の不動産対策コラム

不動産を絡めた相続・贈与対策について

不動産活用&相続コンシェルジュ
無料相談はこちらから

<相続・贈与の内容について>

本コンテンツの内容は、2019年4月1日現在施行されている法令に基づき作成しました。
ご利用の際は、税理士・税務署等、適切な専門家にご確認のうえ判断いただくようお願いします。